読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログ移転します。
2018年03月23日 (金) | 編集 |
http://ryokuga.sblo.jp/ へ移転します。


でも使い勝手如何によっては舞い戻るかもしれません。
取り急ぎ連絡のみ。あとで追記するかもしれません。
スポンサーサイト
恋と呼ぶには気持ち悪い もぐす
2018年02月14日 (水) | 編集 |


モテ男リーマンがひょんなことから女子高生に恋に落ちるが、相手は恋に落ちる前のリーマンの言動に引いたこともあり、積極的なリーマンのアプローチをひたすら気持ち悪がるのだった。
容姿・能力とも高スペックゆえ黙っていても女性が寄ってくるタイプのモテ男リーマン。それゆえに女性を軽んじているところがあり、見ず知らずのヒロインの女子高生に助けられ親切にされた返礼も高飛車な見返りを押し付けようとする。そしてそれまで女性に言われたことのない言葉で一刀両断され、そこから女子高生に対し、本物の恋心を開花し、以後どんなに鬱陶しがられようとヒロインに対するアプローチが続く・・という恋愛コメディ。
ちなみにリーマンの妹はヒロインと親友、という繋がりで二人が交流しやすい設定を作っている。
見方によってはストーカーといっても遜色がないのだが、デキる大人ゆえにその匙加減は絶妙。メアドゲットとか外堀を埋めてく過程とかロマンチックなアプローチとかほんとスペック高いよなと感心することしばし(笑)
スペック高い男性が釣れない女性にアタックする展開は大好物ゆえ読みごたえがある。あとヒロインの親友であり男性の妹たる女子のキャラもいい。女子にとっての二人を見るエピソードも地味に好きだったりする。
ヒロインはオタクという設定だがあまり前面に出てない気がする。リーマンの個性のほうが強いからかも・・。

もぐす / 一迅社1~
ジャンル:女性・ラブコメ / 好み度:★★★★☆
百貨店ワルツ マツオ・ヒロミ
2018年02月14日 (水) | 編集 |


大正~昭和初期?あたりの百貨店を舞台にしたショート漫画や疑似広告やファッションを描いた煌びやかなレトロイラスト&漫画。
おおむねイラストばかりの画集のような内容。漫画もあるがレトロな日常の1場面を切り取ったような雰囲気重視の話。
表紙の絵に一目ぼれしたのと話題になっているということで買ってみたが予想通り当たりだった。
舞台となる百貨店は架空だと思うが、たぶん文化というかトレンドは当時あったんだろうなあと思わせるデザインというか構成というか。
女性のファッションの主流が和装から洋装に変わりつつあった、もしくはまだまだ和装の人が多かったというべきかな時代。モダンガールの絵や美しい着物の柄が眼福。
和装の柄に言及した話とかはじめて洋装を買う女性の話とか
漫画も短いながら雰囲気がよく読み応えがあった。
構成も色使いも卓越した著者のセンスが光る。いいなあ。

マツオ ヒロミ
リュエルコミックス全1巻 / 実業之日本社
ジャンル:女性・画集 / 好み度:★★★★★
鬼を飼う  吉川景都
2018年02月03日 (土) | 編集 |


昭和初期。帝大生の青年は、友人とともに金髪の少女の先導のもと、奇妙な生き物を扱う鳥獣商にたどり着く。
オカルトというかファンタジーというか伝説とかに存在する奇妙で希少な生き物を扱う店と、店が取り扱う獣と飼い主の話かな。
その店に導いた金髪少女が店のとある生き物を飼ってみないかと誘われ主人公は即答することから店と関わることになるはじまり。
指定された飼育方法を逸脱すると多大なしっぺ返しを食らうというパターンはグレムリンとかショップオブザホラーハウスとかを彷彿とさせる。
時代設定に合わせた題材も設定も秀逸で面白いと思うが、若干マニア向けというか話運びが独特で読み手を選ぶタイプの話かも・・?と思わなくもない。
個人的には好きなんだけど。

吉川景都
ヤングキングコミックス / 少年画報社
ジャンル:青年・オカルト・ミステリ / 好み度:★★★★☆
はんなりギロリの頼子さん
2018年02月03日 (土) | 編集 |


舞台は京都、目つきが鋭い美人が主人公。彼女は町のタバコ屋なのだが世界遺産の1つの近所にあるためか、よく観光客に話しかけられる。
主題はお客とヒロインの交流を通しての京都観光案内といったところか。目つきが鋭いので臆されることもあるが受け答えや案内は丁寧、外国人観光客の割合のためか外国語というか仏語もできるというスペックの高さ。
日常系にみられるまったりさというかおっとりさを醸し出している。ヒロインのキャラ設定は、とっつきにくいところもあるけど中身は優しいよという京都気質の象徴なのだろうか・・と思わなくもない。ゆるーいガイドものとしては良作だと感じる。

あさのゆきこ
ゼノンコミックス / 徳間書店
ジャンル:青年・ドラマ・ガイド/ 好み度:★★★☆☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。