読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年1月以降発行タイトル対象。
感想はブログにある記事以外にも、タイトル・作者順の目次のある本舎の漫画感想にも多数あります
人類は衰退しました のんびりした報告
2017年07月21日 (金) | 編集 |


同名ラノベコミカライズ。といっても原作の世界観・登場人物を使ったアナザーストーリー的な内容。いやストーリー・・・はあるにはあるが、あの作品の世界観での登場人物のある日常を切り取ったようなショートストーリー集。
主人公のキャラデザは違うし本編にあるようなてんやわんやなこびとさん関連の事件もなく、地味にまったりとしたエピソードばかりで構成されている。
人類の緩やかな衰退とともに新人類たる小人さんがいる世界。世界全体がのんびりとした田舎という風情のまったりした世界。一見牧歌的だが端々に見せる旧文明の残骸が寂寥感というか退廃感を匂わせている。といっても原作と同じく決して昏くはない、ぽかぽか日向の縁側で茶をすする老人のようなまったりな雰囲気なのだが。
ストーリーとしては原作のほうが読み応えがあるのだが、作画といい作風といい作品の舞台設定にぴったりなのはこちらだなあと思ってしまう作品だった。紙の本では表紙が凝っている。


原作:田中ロミオ 漫画:見富拓哉
イッキコミックス全1巻 / 小学館
ジャンル:青年・コメディ / 好み度:★★★★★
ちょっと不思議な小宇宙 小田扉
2017年07月21日 (金) | 編集 |


独特の理論展開や創作ゲームで友人と楽しませる?女子、地球にじんわりと馴染むいかにもな宇宙人、マイペースおじいさんやある勤労男子の日常など、シュールですこし不思議な面々をほんわかまったりと描くショートショートギャグコメディ。
ちょっとナナメ角度で描くシュールというかショートショートっぽい短編集。平凡な日常の中で非日常な要素を目の端に捉えて二度見してしまうような感覚を味わえるタイトル。
突然!!まりちゃんシリーズは、いろんな事象を擬人化した絵でクイズにしたり思いついた疑問を唐突に切り出したりと、脈絡もなくいろんなことを始める女子まりちゃんとそれを喜んで受け入れつきあう女友達のやりとり。SFショートショートなオチがあったり、説得力があるようでハチャメチャな理論展開などが楽しめる。
トップオブザワールドは、いかにも鬼な風貌の男性の自分捜し的な半生っぽい話。
青シリーズは、なんとなくいつの間にか雑な擬態で人間社会に入った碧い色の宇宙人たちと人間達のSFチックだったり人情ものだったり、医者と患者のシュールコメディだったりなシリーズ。
夫婦ゲームは、ゲーマーの老夫婦の会話。レトロゲームあるあるなネタがいっぱい。
後は、ある青春・エアロ不良・スマホっ子・何系男子?・十徳鼻などが収録されている。
どの短編も妙に淡々としたノリで、かといって意外性だけを強調しておらずなんとなく主題がある構成なのがまた味わい深い。こういう作風は大好物。一言で述べるなら「よくできているお話」

小田扉
アクションコミックス全1巻 / 双葉社
ジャンル:青年・SF・コメディ / 好み度:★★★★★



愛しの可愛い子ちゃん サトーユキエ
2017年07月16日 (日) | 編集 |


口数が少ないクールな男子・・のようなお嬢様学校に通う美少女。女子達に王子のように慕われる彼女の本当の気質と彼女自身の恋の行方が決まった後の、周辺の女子達各々の恋のオムニバス。

美少年に見えるが実は美少女。お嬢様学校に通う彼女と隣同士の幼馴染みの男子は、合コンのセッティングを頼まれ、最近疎遠だった彼女を誘うのだが・・。王子様なヒロインは、クールに見えて実は古風な恋する乙女タイプだったという話でヒロインの恋は早々に成就。ヒロインの友人やお嬢様学校ゆえの王子様的に慕う女子など、周辺の女子各々の恋愛模様を描くオムニバスになっていく。ヒロインとの関連を含めた展開で面白くキレのある構成になっている。絵は筆致が柔らかく好感が持てる。
昔は奥ゆかしい乙女も今だと取り方次第ではストーカー一歩手前になるよね・・。

サトーユキエ
りぼんマスコットコミックスクッキー全2巻 / 集英社
ジャンル:少女・ラブコメ / 好み度:★★★★★
スイようび 汐村友
2017年04月23日 (日) | 編集 |


外国からやってきたお嫁ちゃんのスイちゃんと日本人の太田さんの新しい生活からはじまる新婚夫婦とご近所さんたちが織りなす異文化交流的日常コメディ。
旦那と一緒に新しい住処に、というわけでなくひとりで飛行機で異国から日本にやってきた嫁ちゃん・スイが主人公。里は南アメリカとか熱帯のジャングルっぽいかんじ。日本語がまだしゃべれないので主人公のフォーカスすると無音漫画になる。旦那さんとかご近所さんとかとのコミュニケーションがゆっくりゆっくり培われていく過程や、主人公の仕草や行動の描写が見所。なんか良い、と思わずつぶやいてしまう作風。主人公もご近所の女子もとても可愛い。旦那さんのおっとりめの気質もいいな。
婚姻に至った経緯とか主人公、ちと幼すぎないかとか、主人公の私物はよく税関通ったなとか細かいとこは突っ込んではならない(笑)後々明かされる事柄もあるかもしれないが。よつばと!とか好きな人にはツボだと思う。

<しおむらゆう>汐村友
MFコミックスフラッパーシリーズ / メディアファクトリー
ジャンル:青年・日常・ラブコメ / 好み度:★★★★★
応天の門 灰原薬
2017年04月14日 (金) | 編集 |


藤原氏の勢力が大きい平安時代。在原業平と菅原道真による、宮中で起こる様々な事件を解決する探偵サスペンス。
藤原一族が宮廷の権力を掌握せんとした平安の世。京の都では、女官の行方不明事件が起きていた。鬼の仕業とする帝から事件調査を依頼された在原業平は、引きこもり学生・菅原道真と出会い、彼を巻き込んで事件に挑む。
つまるところ、平安時代を舞台にしたバディ探偵もの。事件解決が主軸なので明快で読みやすい。むろん平安時代特有の世情やら風俗やらもきちんとあり、平安時代ドラマとしても堪能出来る。歴史上の人物を使っての物語としては面白い構成だと思うし読み応えはある。著者の絵も話の切り口が独特だけどこちらも期待を裏切らない面白さを堪能できたし、既作品よりライトなノリで気軽に読める方向性なのも良かった。ただ話が進むにつれやはり歴史の通りに二人の周辺は不穏になっていくんだろうなあ・・・。

灰原薬
バンチコミックス / 新潮社
ジャンル:青年・サスペンス・歴史 / 好み度:★★★★★
残念女幹部ブラックジェネラルさん jin
2017年03月08日 (水) | 編集 |


世界征服を目論む秘密組織の女幹部なのに宿敵たるヒーロー・ブレイブマンの大ファンであるブラックジェネラルさん。ブレイブマンにテンション高めのアプローチをする彼女を中心に、ヒーローと組織の面々などが織りなすヒーロードタバタコメディ。
いわゆる正義のヒーローVS悪の組織コメディ。ナイスバディで目つきが鋭い美人の悪の組織の女幹部がヒロイン。彼女は部下を引き連れヒーロー・ブレイブマンと対峙、そして戦闘・・ではなく、自分がヒーロー・ブレイブマンの大ファンであるとぶっちゃけるところからはじまる。そう、彼女は元々ヒーローオタクで現在はブレイブマンの大ファンなのだった。彼女のネジの外れた熱烈なアプローチをはじめとした残念な言動や萌えコメディの鉄板のラッキースケベ事故により、ヒーローが別のベクトルで憔悴する、という流れを楽しむ作品。
美人なのに残念、でも好きな対象に一途なヒロインと、職業?に見合った生真面目で好青年な気質なのに、いかつい風貌で誤解を招きやすいヒーロー。ヒロインが処女という設定は悪女な風貌とのギャップのためなのか・・と考えるのは無粋なのかね。ヒーローの憔悴っぷりは哀れを誘うがそれがまた面白い。昨今では鉄板であろう、悪の組織が貧乏で庶民的で親しみがわく。
ハイテンションなノリのコメディ展開は巧いしどのキャラも好ましく仕上げているのが好印象。楽しく読める一品。

jin
ドラゴンコミックスエイジ1~ / 富士見書房
ジャンル:少年・コメディ / 好み度:★★★★★
残念博士 瀬野反人
2017年02月27日 (月) | 編集 |


女子高生がひょんなことから出会った、目が死んでる白衣の女性は、「博士」でした。なにを言っているのかわからないだろうがおれもわからん的なナンセンス系発明ギャグ。

車にひかれそうになった女子高生は、ある白衣を着た目が死んでる女性と出会う。その女性は「博士」と名乗り、科学的根拠はさっぱり不明瞭だが技術は素晴らしく、しかし実用性はいまひとつというびみょーな発明品を作ってしまうひとだった。
綾波某系の感情の起伏が乏しい博士、その助手の男性、冒頭で出会った女子高生とそのトモダチ、博士の旧友で同じく博士(発明家)な女性たちと、博士の発明品などで回すナンセンス系発明ギャグ。
何か困ったことが発生→博士が発明品を出す→発明品を使ってみる→オチという構成が多めかな。
珍妙な発明品を巡ってのボケツッコミ的な会話ややりとりのテンポが微妙で面白い。軽快さが際立っているわけでなくそこはかとなく脱力してしまう独特のノリが印象的だった。博
士のぼんやりズレた発言や女子高生のトモダチのメーターの振り切ったおバカキャラがボケ役で、女子高生と助手の男性がツッコミ役なんだろうけど、女子高生はまあともかく助手はきっちりツッコミ役と見せかけて実はけっこうズレているところが多々見受けられるという・・。博士の旧友も、博士をライバル視するけど実力は微妙でトラブルメーカーのようで実は常識人寄りというマルチタイプで、ボケツッコミがダブルスタンダード?に成っているところも特徴の1つのよう。
たぶん人を選ぶタイプのコメディなのだろうが私には大好物でした。しかし大判紙面では画面が白すぎる気がするなあ。

瀬野反人
角川コミックスエースエクストラ全3巻/ 角川書店
ジャンル:青年・ギャグ / 好み度:★★★★★
マジカルシェフ少女しずる 水あさと
2017年02月08日 (水) | 編集 |


世情の変化により弁当が流行し、自炊調理に特化した人間が現れ始めた世界。その能力を持つエリートを集めた学校の落ちこぼれの少女の物語。退学を賭けた勝負をせざるを得なくなるのだが・・。ハイテンション弁当調理魔法少女バトルドラマ。

不況で弁当が流行し、自炊調理に特化した超常能力を持つ人間が現れ始める。そしてその能力を持つエリートを集めた学校に在籍する少女が主人公。伝説の料理人たる母親を探すために入学しているのだが能力が開花していない落ちこぼれ。そんな彼女が生徒会長に退学を賭けた弁当勝負を挑まれる。母の残した包丁を持っているヒロインだが決して使うなと釘を刺されていつつも崖っぷちの状況で使用、魔法少女のような出で立ちになり能力に目覚めるという展開。
弁当を作る能力が高いと世間一般の常識においてもエリート、という設定の弁当料理ものに、魔法少女ものと行方不明の母を探す浪花節ドラマをぶっこんだごった煮闇鍋漫画。敵の存在とか能力のインフレ、調理バトルにおける大仰な舞台劇のようなテンションと演出、審査員の過剰な料理感想などなど、往年の熱い料理+少年漫画、某料理番組のお約束な演出を揶揄したというか逆手に取ったパロディというかな構成が面白い。あと盛り上がったところで次回がクライマックス!みたいなあおりが一話ごとに入り次の話では途中で在ったであろうエピソードをすっ飛ばすし急展開が何度も起こる。登場人物たちは真面目だが読み手から見れば滑稽の何物でもない系の突き抜けたバカ展開にかなり笑わせていただきました。本当に、なんじゃこりゃ、もっとやれ(笑)という感想につきる。

水あさと
アース・スターコミックス全2巻 / 泰文堂
ジャンル:青年・コメディ / 好み度:★★★★★