読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年1月以降発行タイトル対象。
感想はブログにある記事以外にも、タイトル・作者順の目次のある本舎の漫画感想にも多数あります
お姉ちゃんが来た 安西理晃
2017年06月19日 (月) | 編集 |


親の再婚で義姉が出来た男子中学生。新しい家族なんてと反発する間もなく義姉にかまい倒される日々が始まる。

主人公の男子中学生は、親の再婚で高校生の義姉ができる。その義姉は美人だが義弟である自分への愛情が過度でほぼストーカー状態と言っていいくらい。「変な姉」が出来てしまった主人公の苦悩と姉の重すぎる愛を躱す日々を綴ったコメディ四コマ。
姉は元々弟が欲しかったのもあって親の再婚により弟が出来ると知り、家族になる前から主人公を事前調査し情報を取得、主人公の部屋に入りたがる、主人公の学校にやってくるなどその愛の行動はすさまじく。
恋愛的な意味ではないのだろうがとにかく行動力がありすぎる姉に辟易する弟。しかも美人でスペックが高いので主人公の苦労は周囲に認知されにくいという鉄板の設定。
姉弟だけではなく、姉の女友達や、姉によってクラスのアイドル的立ち位置を奪われた腹黒女子中学生(しかも主人公の片恋の相手)と地味男子な主人公の友人などなどを投入して話を広げていく。
基本ドタバタコメディで一エピソードがさほど長くない定型タイプなので気楽にさっくりと読める。主人公の苦労は続くが微笑ましくもあり読みづらくはなかったところが個人的に良。
余談だけど当初はお姉ちゃんの口の開き方が違和感があったなあ。閉じた状態がへの字口だったからあの形状なのかとあとで納得したけども。

安西理晃
バンブーコミックス 4コマセレクション / 竹書房
ジャンル:4コマ ・コメディ/ 好み度:★★★☆☆
あだしもの 山本久美子
2017年06月18日 (日) | 編集 |


妖が見える少年は、自分に憑く怪異を見た女子から怪異現象調査部の入部を勧められるが・・。
主人公の少年は怪異が見える。同じく見える祖父に護られていたが祖父が亡くなると同時に神隠しにあいそのときに出会った怪異と存在を共にするようになり、自分の力で怪異による難儀を取り除こうとするもかえって人に疑問を抱かれ現在は怪異と関わらないようにしている、という経緯がある。
そんな主人公が、同じく怪異が見える女子に、怪異現象調査部を薦められる展開に。同じ仲間と怪異に向かう、という妖怪と人間の物語においてはオーソドックスな内容かな。部活動として怪異と対峙、というのも今時だなと感じる。
絵は美麗で見応えがあるし物語も王道ゆえに読みやすい。正直突出するものは現時点では感じられないが読まれる層の幅は大きい内容だと感じる。

山本久美子
ジャンプコミックスSQ / 集英社
ジャンル:少年・オカルト・ドラマ / 好み度:★★★☆☆
一週間フレンズ。 葉月抹茶
2017年06月16日 (金) | 編集 |


クラスの誰とも話をしない女子が気になっていた男子は、あるきっかけから屋上で昼食を一緒にとるようになる。そして一週間後、男子は女子が他人と関わらないようにしていた理由を知ることになる。

クラスメイトの女子が気になる男子主人公。誰とも話をせずいつも一人でいる彼女に話しかけられないままだった主人公だが、あるきっかけから話す機会が出来る。彼女は主人公からやんわりと離れていこうとするもののちょっと強引に彼女と屋上で昼食をとるようになる。そして一週間後、主人公は彼女がひとりでいる理由を知る。その理由とは、彼女は一週間経つと親しい人間に関する記憶がすっぽり抜けてしまうというものだった。
ストマン形式と四コマ形式の混合構成なので、個人的にはものすごく読みやすかった。牧歌的な柔らかく温かい絵柄もあってせつなくもほっこりする雰囲気は絶妙。一週間である特定の条件の記憶が抜け落ちる、という設定はうまい。一週間たつとまた0からはじめる恋愛&人間模様、記憶が欠落する条件、ヒロインが短期記憶障害になった原因など、続けて読みたくなる要素が満載の良作だと感じる。

葉月抹茶
ガンガンコミックスJOKER  / スクウェアエニックス
ジャンル:少年・青春・ドラマ / 好み度:★★★★☆
アクレキ えのきづ
2017年05月29日 (月) | 編集 |


正義のヒーローと悪の組織の怪人が存在する世界。就職が決まらないヒーロー志望と怪人志望の女性二人が意気投合し、協力して自身をアピールして就職できた後同居することに。ヒロインふたりを主役に、ヒーローと怪人の悲喜こもごも、業界の表と裏を描く。

アクレキは悪歴。悪事を働いたというか怪人としての経験歴みたいなもんかな?正義のヒーローと悪の組織が存在する社会が舞台。ヒーロー志望の女子と怪人志望の女子がヒロイン。就職難で各々困っていた二人は出会い、公衆の面前で見せバトルをしたことで見事各々就職が決まり、諸々の理由からルームシェアすることになる、というはじまり。
ガチの悪の組織が存在し、正義のヒーロー側も組織を作らねば対応できなくなる、しかしガチの戦闘は世間からは隠されて行われている、ゆえに膨大な予算を何に使っているのかと批判を受ける。で、大衆に「見せる」戦闘が度々行われているという背景があり、ヒロイン達はこの遊園地の戦闘ショーみたいな戦闘をする仕事のよう。大体シナリオがあるプロレスみたいなもんか。
華々しく真剣な戦闘や活躍を望むものの現実は厳しく、望んだ仕事内容でなく、くさりつつも与えられた仕事をこなしていく。このあたりは新社会人にあるある系なエピソードかもしれない。
舞台設定的に、サンレッドみたいなゆるめかつ手厳しいコメディなのかと思ったらなかなかどうして深い話。ヒロイン二人の職場や仕事の描写はゆるく優しいノリなんだけど、ちらちらとシリアスかつシビアな要素も盛り込まれている。
遊戯のような大衆に見せる戦いとその裏のガチの戦いにまつわる不穏なシーンを挟み込み、ヒロイン達の同僚も表から裏にいったり、裏の事情がヒロイン達を脅かしたり・・。架空世界だが社会構造の設定にリアリティがある。物語として本当に良く出来ていると思う。

えのきづ
アクションコミックス2巻 / 双葉社
ジャンル:青年・ドラマ・コメディ / 好み度:★★★☆☆
お星様キラキラ 
2017年05月28日 (日) | 編集 |


口下手で愛想なしだがいいやつの友人の幸せを願うが友人の一番が自分でないともやっとしてしまう男子の話。表題作ほか不機嫌なアマデウス他収録。思春期少年、親友同士BL。
主人公には親友が居る。口下手で不器用、人を思いやるいいやつなのだが口下手というか愛想がないというかで誤解を招きやすいキャラ。主人公が女友達からストーカー対策で送り迎え警護を頼まれたらなぜかその友人もついていくことになるというエピソードからはじまる話。
友人に片想いの相手がいると知り、そこから意識しだしたり、友人が他人と親しそうだともやっとしたり、と青春系BLの展開や要素をきっちり押さえつつエピソードの手数も多く、ライトな恋愛モノとしてのストーリーもわりと読ませる構成になっている。タイプは違えどキャラの素直な気質が好ましい。胸焼けしないさりとて途中で飽きない絶妙なお話だった。著者の作風は個人的に好きなんですよね。
不機嫌なアマデウスは、家計の事情からお金にシビアなケチでガリ勉で変わり者とされる眼鏡男子とあっけらかんとした気質の金持ち人気者の幼馴染み男子の話。幼少期はバイオリンを習っていた友人同士だったがいまは・・というかんじ。設定だけ見るとシリアス系かと思ったが著者らしい清々しい読後感。人物描写が丁寧で素直に面白かった。BL世界では女子はほんと当て馬ですな・・。

そして僕らの明日はこっちだは相当古めの作品のよう。絵が違うw明るい雰囲気の話はやはり著者の話だなとしみじみ感じる。あと一作は他のシリーズの番外編。読んでいない人のための相関図があるのは丁寧だな。

志々藤からり
ディアプラスコミックス全1巻 / 新書館
ジャンル:ボーイズラブ・学園 / 好み度:★★★☆☆
嵐の檻 松本蜜柑
2017年05月14日 (日) | 編集 |
嵐の檻
松本蜜柑
2012-12-27



小学校教諭の前に現れた青年。名門の家を舞台にした過去の人間模様、その決着をつけるべく現れた彼は、10年前の兄の死にまつわる事実と教諭の行動を問いに来たのだが・・。レトロな時代を舞台にした本格的なメロドラマBL。

物語はある精悍な青年が、おっとりした体の小学校教諭を訪ねてくる。彼らは既知の間柄であり、教諭は青年の家の住み込み書生だったがある出来事から出奔し行方が知れていなかった模様。そして青年は実兄の死に関して教諭を問い詰めるところから物語は始まり、一旦彼らの過去の話に移行する。
青年は、少年期に母が死亡し母の実家に引き取られる。駆け落ちした母の子ということで名家で君主の祖父をはじめとした敵ばかりの屋敷内で、味方なのは、病弱な実兄と兄の世話役の書生=現在の教諭だけだった。そんな中、青年は兄と教諭の仲を知り、その後兄の縁談が決まったあたりで兄はあることから死亡する経緯が語られる。
兄の死の真相、主人公と教諭が各々隠していたこと、彼らの思いなど、読み手に知らされる事柄がぐるぐると変わり、メロドラマでありちょっとミステリっぽい要素もあるように感じた。BLとしての艶もあるが物語として読み応えがあった。
時代設定は大正~昭和初期あたり。メロドラマを作りやすい時代背景だし蓋を開けてみればドラマとしては設定も展開も王道中の王道。このジャンルにありがちなドロドロな救いようのない要素はそぎ落とされているが、現代においてはこのほうが入りやすいと思う。丁寧な人物描写とわかりやすい話運びで良い内容だった。

<まつもとみかん>松本蜜柑
花恋コミックス全1巻 / 日本文芸社
ジャンル:ボーイズラブ・ドラマ / 好み度:★★★★☆
いぬやしき 奥浩哉
2017年05月11日 (木) | 編集 |


希望も人望も余命も乏しいさえない中年サラリーマンは、空から降ってきた未知の物体とぶつかったのち人間ではなくなってしまう。そしてその力を使い人を救うことを決める。

妻子がありローンで小さな家を購入したばかりの実年齢より老けた中年サラリーマン。家族との関係は冷めており果ては余命幾ばくもないことを知り絶望していたところ、空から未知の物体が落ちて一度は死亡する。しかし彼は生きており以前と肉体の状態が違うことに、機械の身体になっていることに気づき・・というはじまり。
地球外生命体の誤爆?で主人公は死亡、宇宙人側はそれを隠匿するために表面上の偽装を施す。見た目も記憶も本人だが身体は機械仕掛け。愕然とする中、ホームレス狩りの少年達と遭遇しその標的となった男性を助け、少年達の所行をSNSにあげるということまでこなす。このことから主人公は人を救うことを決めるという流れ。つまるところアメコミのヒーローみたいな展開になるのだろうか。前作品のような苦悩とか周囲との関係とか戦闘アクションとシリアスが主体になりそうだが。
一方、件の事故では男子学生も巻き込まれており、彼も同様の状態になっているところで続くとなる。余談だが物語の中でのキャラ同士のやりとりで自作品についての言及がある遊びはちょっと面白い。

<おくひろや>奥浩哉
イブニングKC / 講談社
ジャンル:青年・ドラマアクション / 好み度:★★☆☆☆
受付の白雪さん 吉沢緑時
2017年04月20日 (木) | 編集 |


とある企業の受付嬢2人が、職場である受付で織りなす様々な遊びややりとりを描いた4コマコメディ。
ミステリアスというかクール美美人タイプの女性と明るいスタンダードな美人タイプの女性が主役というかほぼふたりのやりとりがメイン。題名にもなっているクール系女性が癖のあるキャラで、突拍子もない提案をしたり他者にばれないようにこっそりととんでもないことをしたりして、もう一方の女性がその行動に驚かされたり振り回されたり唖然としたりする、という受付が舞台のショートコントのような構成。テレビでもやれそうな直球勝負のコントギャグが特徴。
受付、という観衆の面前みたいな場所でおおよそアリエナイことをやったり、彼女たちだけのゲームを行ったりというギャップが見所だと思う。絵はなんというかレクチャーものとか教本にありそうな絵柄。漫画を読み慣れていない人でも入りやすそうな万人向けというか。背景とか効果線の処理とか一昔前のCGを彷彿とさせる・・と思うのは私だけだろうか。

<よしざわりょくじ>吉沢緑時
アクションコミックス3巻 / 双葉社
ジャンル:青年・4コマ・コメディ / 好み度:★★★☆☆