読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年1月以降発行タイトル対象。
感想はブログにある記事以外にも、タイトル・作者順の目次のある本舎の漫画感想にも多数あります
事件記者トトコ! 丸山薫
2017年03月17日 (金) | 編集 |


仕事環境も仕事道具も良好なのにまともなスクープがとれない食いしん坊で天性の残念気質の女性記者トトコが織りなすレトロドタバタコメディ。
ちょっとレトロな時代が舞台。主人公の眼鏡の女性は新米新聞記者。スクープを目指して同僚の男性とともに事件現場に意気揚々と向かうが天性の残念ぷりにより失敗、というパターンが多いドタバタもの。
主人公の失敗談が基軸のスラップスティックコメディなのだが、当の本人は失敗に対しても、自身の風貌や行動を他者に残念がられても、さほどダメージはなく、あっけらかんとしている。食いしん坊で細かいことは気にしない、だが活力はあるという古き良き少年漫画の主人公みたいな気質。主人公の失敗により、自社だけが損をしている美人編集長は主人公に甘いし、わりを喰っている同僚の男性記者の関係も険悪でもないというゆるさもある。主人公の周囲も言うに及ばず、世間を騒がす怪盗とその部下もどこか間が抜けている部分があり、全般的にゆるいというか世知辛くない作風なのでのんびりとした気持ちで読める内容。
レトロ活劇の雰囲気も舞台設定もきっちりある世界観でのお気楽コメディというかんじ。本格レトロ活劇を望む人や、主人公の気質があわないといまひとつかもしれないが、個人的にはかなり楽しめたお話。きっちりとした線だが丸みのある可愛い絵柄、太めのペンタッチはレトロな世界観によく合っていると思う。

丸山薫
ビームコミックス全4巻 / エンターブレイン
ジャンル:青年・コメディ / 好み度:★★★★★
ざんねん!番長ちゃん 林雄一
2017年02月17日 (金) | 編集 |


中身はただのオタク少女だが名前と間の悪さで不良の怖い人だと思い込まれている女子高生の学園生活を描いた4コマコメディ。
「番長」という名字と、高い身長、間の悪い言動が重なり、周囲から不良の怖い人だと誤解され続けている女子高生が主人公。本来の気質と周囲の評価の乖離の激しさをネタにした4コマもの。登場人物は可愛い女子がほとんどだが絵柄のせいか萌え系というよりそのまま女子高生たちの学園生活ものという印象を受ける。
ギャップネタや誤解されやすいこと自体がオチになっている場合が多いが全体のノリはゆるっとしているし、ヒロインはオタクで若干の中二病要素ありの設定なのでオタクネタもけっこう挟まれている。オタク仲間の女子など理解者もそれなりにおり、さほど厳しい環境ではない模様。キャラ設定は良い意味で凡庸、ひまつぶし・箸休め的に読むには最適の作品かと。

林雄一
MFコミックスアライブシリーズ全2巻 / メディアファクトリー
ジャンル:4コマ・学園・コメディ / 好み度:★★★☆☆
双星の陰陽師 助野嘉昭
2017年02月17日 (金) | 編集 |


人に仇なす異世界の化け物とそれらを狩る陰陽師が存在する世界。幼少時に体験した事件から少年ろくろは陰陽師になることを拒んでいたが、陰陽師の姫たる少女との出会いから運命が動き始める。
異空間より現世に現れ人に仇なす化け物が存在し、それを屠るのが陰陽師という背景がある話。主人公の中学生男子は、陰陽師の血筋であり幼少時は強い陰陽師になると血気盛んだったが、ある事件により陰陽師にならないとかたくなに拒否している。そんな中、化け物に遭遇し、業界でサラブレット的立ち位置にある少女との出会う。そして、陰陽師の長の啓示により件の少女と結婚し二人が成した子が最強の陰陽師になると啓示を受けたことにより、紆余曲折の末陰陽師の道に戻るってな展開に。
主人公が一度拒否した道に戻る、ヒロインとの許嫁的な立場となり戦闘においての相棒的立場にもなる、敵側の力であり味方側には忌むべき力を主人公が持っている、おそらくは敵の大物がかつて味方側だった・・などなどこのレーベルにおけるオカルト系熱血バトルアクションものの王道の要素がてんこ盛り。だが、王道たればこそきっちり描けば間違いなく面白いものになる、と感じざるを得ない作品。個人的には絵が好みだし、コメディ要素が、シリアスな本筋から浮かない程度にコミカルで、シリアスに疲れてきたところで絶妙にはさんでくるところが良い。陰陽師の長のキャラは砕けすぎな感がなきにしもあらずだが(笑)

助野嘉昭
ジャンプコミックスSQ / 集英社
ジャンル:少年・アクション / 好み度:★★★★☆
しっぽ!エンハンスメント 大野ツトム
2017年02月17日 (金) | 編集 |


とある島に住む長い「しっぽ」を持つ少女は、海で外国人の男子を助ける。その男子は、少女の亡き祖父が自分を迎えにくると行っていたある国の王子だったのだが・・。少女の「しっぽ」を巡り国家間の陰謀も絡んだ冒険が始まる。
ヒロインの持つ「しっぽ」を巡るサイエンスバトルアクションといったところか。おおらかな土地柄の島に住むヒロインには背中から伸びる人工的な「しっぽ」があり、それは病弱だったヒロインのために亡き祖父が自分につけたものであり、けっこう万能で仕事などに役立っていた。将来ある国の王子がそのしっぽを取りに来る、そのときは王子を守ると祖父と約束していたという経緯があった。
そんな彼女が、ひょんなことから何者か追われていた眼鏡男子を助けたのだが、その男子はヒロインのしっぽが何であるかを知っており、しっぽに異様な執着を見せる。そんな男子に変人と殴り飛ばすが、実はその男子が件の王子だったわけで、「しっぽ」もプログラムにより、ヒロインの意思と関係なく男子を守る行動をおこす。
いずれ自分を迎えに来る、守るべき王子というシチュエーションに夢を見ていたヒロインは、現実との乖離に反発するが、祖父の言い付けもあり、結局ヒロインは彼女の「しっぽ」の技術を解明したい王子とともに島を出るというはじまり。
構図や迫力など、すべてにおいて魅せる秀逸なアクション画面構成、メインキャラも敵側のキャラも活き活きとしたキャラつくりが好ましい。特殊な科学技術を巡る国家間の陰謀も含めた争いを主軸に、ドタバタラブコメの要素も加味しつつのバディ要素を前面に出したストーリー構成も魅力。けっこう壮大な背景なのだがシリアスに傾倒しておらず、快活というかまっすぐというか陽気というか脳天気というかなあっけらかんとしたノリも印象的。青年向けにはもはや必須のパンチラなどのお色気要素も、しっぽの設定を活かしアクションの中で自然に多用しているところもいい(笑)高い質の作画能力なので見ていて違和感がないしね。パンチラつーかモロパンといったのうがいいのか、この話の場合(てかモロパンて古語か・・;)。読んでいて素で楽しめる、エンタメバトルアクション漫画のお手本のような作品だと感じた。

大野ツトム
アクションコミックス / 双葉社
ジャンル:青年・アクション / 好み度:★★★★☆
惨殺半島赤目村 武富健治
2017年02月10日 (金) | 編集 |


都会暮らしは性に合わない若い医師は、無医村の村長に招待される。村では半月後に60年ぶりの古い祭りが執り行われるという。着任早々、村における様々な事柄に巻き込まれるが、それらはこれから起こる恐ろしい事件の幕開けだった。閉ざされた村の中で起こるクライムミステリ。
主人公は都会よりも静かな、景観の良い田舎暮らしのほうが好ましいタイプの若き医者。無医村の赤目村に村長から呼ばれ、着任することになる。ちなみに赤目村は地形的に船で迂回せねばならない陸の孤島のような立地。ありがちだが、主人公を歓迎する村民もいれば村長の犬と感じる村民もいる中、その争いに巻き込まれ村内のトラブル、そして深刻な事件に巻き込まれる展開へ進む。
昔ながらの農業地域の東側にある神社の姫伝説、村長主体で観光用に開発したリゾート施設の廃墟、一面に咲くポピーの花、神社に古代から伝わるポピーから生成する生薬や調薬の秘法、半月後に60年ぶりに執り行われる古い祭り、謎の少女・村の長野派閥争いをはじめとする複雑な人間関係・・・閉鎖された村の中で展開されるサスペンスとしての要素もりもりな内容。
村長や案内人であり一度結婚で村を出ていた神社の娘、青年団、村八分的な立ち位置?の幼い兄妹、物怖じない子供たちや村民、分校の教師・・様々な村民が主人公に各々語りかけてくる。村独自の奇妙な風習と村民の隠された謎を根っこに、これだけ詰めても構成が巧いのだろうするっと話に入っていけるところはすごい。この手のジャンルの王道から外れずかつ読み応えがある。
原作協力の人がいるようなので村や村人の設定あたりが担当なのだろうか。巻末には村の案内マップと相関図つき。

武富健治 / 原作協力:中島直俊
アーススターコミックス全2巻 / アーススターエンターテイメント
ジャンル:青年・ミステリ / 好み度:★★★★☆
彗星継父プロキオン ツナミノユウ
2017年02月08日 (水) | 編集 |


彗星継父と書いてメテオとうさんと読む。地球平和を守る異星人男性は、勢いでバツイチ子持ちの地球人の女性と再婚。妻は海外の仕事に趣き、連れ子の少年と二人暮らしすることになるが。特撮系バトルを背景にした疑似家族コメディ。
地球平和を守るため派遣された彗星人・プロキオンは、自分の正体を隠し地球人として暮らし有事の際は変身して戦う役割を担っていたのだが、地球人のバツイチ子持ちの美人に惚れて勢いで再婚する。妻となった女性は海外に赴任し、残された彼と継子の二人暮らしをすることになるが、というはじまり。正体を隠しつつ戦闘をこなし、連れ子が自分と友好関係を築けるかというのが主題のようで。
特撮系のお約束を踏襲しつつ主人公の熱血っぷりがと連れ子の少年のキャラの対比が印象的。サクサクと話を進める構成は読み応えがある。娯楽物としては十二分に楽しめる作品かと。に、しても登場人物の熱さ・・というか暑苦しさはあの漫画家を彷彿とさせるのは気のせいでしょうか・・。

ツナミノユウ
ITANコミックス全3巻 / 講談社
ジャンル:少女・アクションコメディ / 好み度:★★★★☆
十年後、街のどこかで偶然に 津田雅美
2017年02月07日 (火) | 編集 |


筆記具メーカーで働く女性は、高校の同級生だった青年と10年ぶりに再会する。三人の女性と三人の男性、各々10年ぶりに出会った彼女たちの思い出と現在とその先の話。
十年経ち社会人となった女性と高校時代で関わりのあった男性と再会する話、なのだが登場する女性三人も知己であり女性同士も再会する展開。登場人物各々の視点から、高校時代のちぐはぐだったり不器用だったりした高校時代や卒業後の回想、後悔と気持ちの刷新、再会した際の相手の様々な面に対するモノローグなどが丁寧に綴られている。
構成的にも印象的な出来事を綺麗に描いたドラマといったかんじ。著者のヒロインは恋愛方面のエゴが少ないキャラが多いんだけどこちら三人もわりとそんなタイプなので個人的に読みやすかったのも良かった。

津田雅美
花とゆめコミックス全1巻 / 白泉社
ジャンル:女性・ドラマ / 好み度:★★★★☆
しらたまくん 稲葉そーへー
2017年02月07日 (火) | 編集 |


突然変異で高いIQを備えた白猫のしらたまくんとクラスメイトの女子・葵をはじめとしたクラスメイトたちが織りなす学園日常漫画。

高校の入学でテンションが上がるヒロインは、入学式に自分のとなりにしろい猫が座っていることに仰天する。その猫少年、しらたまくんはクラスメイトでもあり、突然変異?により人間並みというより人間の中でも高いIQを持ち会話もできるのだと知る。当時メディアでも話題になり世情に疎いヒロイン以外は周知の事実で、それゆえに周囲はしらたまくんの接し方に戸惑いが多いよう。しかしヒロインはよく言えばおおらか悪く言えば無神経なキャラゆえに周囲が気を遣って聞かないことをズケズケと聞き、しらたまくんのほうもその態度に好感を持つ、といったかんじ。
ヒロインの質問から始まるふたりのぼけ突っ込みなコントのような会話や日常の様々なイベントを通して、猫少年の様々な面が明らかになっていったり、ヒロインがきっかけでクラスメイトとも打ち解けていったり、といった展開が続く。
一見出オチで先に進みそうにもないかなと思ったのだがそれは杞憂で、ごくありふれた出来事においての猫少年とヒロインとクラスメイトのやりとりは読んでいて楽しかった。話に盛り上がりがあるわけでなくキャラの所作にインパクトがあるわけでもないのに、いいな、と思える内容。猫であるゆえのイレギュラーはあってもそれがいい意味で味が出ているし、ごくごく普通の日常を暮らすほっこりさを堪能できるというか。物語の視点を猫少年ではなくヒロインにしているのが功を奏しているように思う。

稲葉そーへー
ヤングジャンプコミックス / 集英社
ジャンル:青年・学園コメディ / 好み度:★★★★★