読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
とっかぶ 桑原太矩
2017年09月24日 (日) | 編集 |


学校内の問題児を集め地域の奉仕活動を通して更正を図る部活・特別課外活動部、略してとっかぶの面々による青春部活コメディドラマ。
奉仕活動を目的とした部、部員は問題を起こした生徒という背景。元々は喫煙した生徒をかばって教師などからにらまれた女子生徒を、ある教師がその経緯から彼女のための救済措置の目的に作られた部。
そこにスパイ系機械を駆使してテスト問題を売買していた男子と、問題を起こしていないが奉仕活動を主とした部ということから入部した女子が入る。
まず、アマチュアスパイを自称する飄々とした男子が強制加入、次に自主的に入る、悪をくじくのではなく困った人間を救うヒーローを目指す女子、そして部の設立の元である、とんがってるけど正義感のある女子の順で登場する。
萌えものでよく見られる変型部活もの、かと思ったがレーベル的にドラマとしてかなり良い仕上がりの物語。渋々入る者と自主的に入る者で更正されているため物語がスムーズに動くし、各々の現在の個性や考え方の方向性の理由もきっちりと描かれているため人物に移入しやすい。
狭い世界でのトラブル解決請負というライトミステリ要素とアクティブな青春ものと人情コメディの要素が旨く合わさっている秀作。

<くわばらたく>桑原太矩
アフタヌーンコミックス / 講談社
ジャンル:青年・ドラマ・青春 / 好み度:★★★★☆
タイガー&バニーちゃん
2017年09月20日 (水) | 編集 |


サンライズ制作のサイキックシティバトルアクションアニメ・タイガー&バニーのコミカライズ4コマ漫画。
原作の設定での気軽なパロディ単発ネタと、原作準拠でオリジナル展開のシリアスな継続エピソードを織り交ぜた内容。
原作アニメも大好きなのだが、こちらのタイトルはむしろ著者買い。久々に見る著者の作品だったのでそちらの意義が大きかった。
パロディは定番ながらミニキャラの造形もライトなノリも好みで楽しかった。パロディものとしてはかなり面白かった。
ただ、シリアスの方のエピソードが続き物なのに、単発パロディの合間に挟まれている構成が個人的にいまいち。
シリアスエピソードの続きが気になって単発パロディを楽しみづらかったという。すぐ慣れたけど。
前半はパロディばかり、後半にシリアス続き物エピソードにしてくれたら良かったのになあとは思う。

原作:サンライズ 漫画:白石琴似
角川コミックスエース全2巻 / 角川書店
ジャンル:4コマ・パロディ / 好み度:★★★★☆
ドルメンX 高木ユーナ
2017年09月05日 (火) | 編集 |


戦争を起こさず地球人に気づかれないように侵略しようとする異星人5人組がトップアイドルになって地球侵略を目指す芸能界ストーリー。
主人公たちは、戦争を起こさず地球人に気付かれないまま侵略しようとする異星人の若者5人組。いろいろ試みるも失敗に終わっていたところ、紅一点の仲間がハマっているアイドルのトップを取れば地球人を操れるのでは、と思いつく。芸能界がなんたるか、をそれなりに知るアイドルオタクの女子の知識から、オーディションを受ける面々だが・・。
アイドルメンズでドルメンか、なるほど・・。異星人がアイドルを目指すという設定から軽いノリの芸能ドタバタ劇かと思ったらなかなかどうして夢を追う若者の熱血で直球なドラマ仕様だった。
キャラが違うのでゆくゆくはグループとして覇者になるを目標としつつも、芸能界に入ることすらなかなかの狭き門だし各々受けたオーディションでの成果もバラバラという現実。仲間内では一番株の男子が結果を出せず悶々としたり、トントン進んでいくリーダーは戸惑いが多かったり。芸能界を全く知らない面々が、芸能界の様々なシビアな現実を目の当たりにする描写はインパクトがある。
ご都合主義的にトントンと話は進まず重い展開も多々あるドラマ性・キャラの心情描写もシリアスで深い。あと絶望で身が割かれる思い、とか心臓をわしづかみにされるって心情表現が物理的リアルな絵面で描写されているのも特徴か。この描写と主人公たちが宇宙人という設定に妙な親和性を覚えてしまう。
テニミュをモデルとした舞台劇が彼らの芸能界へのとっかかりになってるのが面白い。リキミュって力士か!と思わず突っ込んでしまった(笑)今時のスポ根ってこんな感じなんかな~とある種の感慨のある話だった。

高木ユーナ
ビッグコミックス / 講談社
ジャンル:青年・業界  / 好み度:★★☆☆☆
惰性67パーセント  紙魚丸
2017年08月23日 (水) | 編集 |


美術系大学の女子大生の部屋には同じ大学の友人男子2人と女子1人がけっこう入り浸る。男女4人の惰性と艶と理詰めの残念なやりとりを描いたキャンパスライフ?コメディ。
主人公は美術系大学に通う一人暮らしの女子大生。基本的に主人公の部屋が舞台で、友人の女子・男子2人が入り浸ってグダグダと話をしたりしょうもないことをはじめたりといった内容。大学時代ならではの惰性と下ネタ満載のノリを見所とした、大学生活の日常を切り取ったエピソードが連作のように綴られる構成のよう。
最初の話は漫研に所属し自分が描いたエロ漫画の監修を女友達に相談したら男子二人を連れてきて・・という話。で、主人公が男性の性器の形がわからんという話から男女の性器の話になるという・・。エロとか下ネタの熱心な探求や談義やトラブル回避のための間抜けな行動といったエピソードが多く、ある意味ストレートな話よりエロいかもしれぬ。
美人でグラマラスだが地味め、ズボラというかがさつというか残念な女子という主人公。悪友ってかんじの女友達のキャラとか、最初の話以来よく来る男子二人といい仲になる様子もないような関係性とかはリアルだとわりとあるっちゃある気がするのだが。
絵のほうは画力が高いというかデッサンがしっかりしていて、万人に受け入れられやすい絵柄。バカ展開にしても大仰なギャグ演出を抑えつつも面白く見せる案配が好み。エロネタ込みであんま深く考えず読める話としてお勧めする。

紙魚丸
ヤングジャンプコミックス / 集英社
ジャンル:青年・コメディ / 好み度:★★★★☆
千代に八千代に 大澄剛 
2017年08月21日 (月) | 編集 |


千代さんと先生は付き合って3年になる。生真面目で口うるさい言動もまとめて先生が大好きな千代さんなのだが、誕生日プレゼントが連続でかんざしなのが気になっている・・・。国語・数学・理科・英語などなど教科をモチーフにした恋愛オムニバス7篇。
成人の恋愛オムニバス作品集。表題作は、かつて教師と生徒だったカップルの話。国語教師の先生と卒業後つきあって3年目になるおっとり系ヒロインは、堅物な気質も含めて先生が大好き。だが誕生日プレゼントが連続で同じもの、しかも使い途が少ないかんざし、ということに引っかかっている、という話。ある意味表現を職業としているからか回りくどいことをやっているわけで。ほのぼのというか年の差カップルのいいとこを十二分に出したエピソードだった。
後は、親の再婚で複雑な女子と幼馴染みの年上男子の話、怪我で楽しみにしていたことができなくなりすねた少年と駄菓子屋の大人の女性の話、不倫をした女性の話などなど。主人公が違うオムニバス形式だが世界観は同じでさりげなくゆるく登場人物たちにつながりがある構成。表題作が国語絡みなように他の話も数学や理科などの教科を物語のベースというかモチーフにしている模様。最後のエピソードでそれまでの登場人物たちのその後が描かれる構成も良い。
余談だけど、1話目の国語教師が出す漢字問題は高校生でも難しすぎやしませんかね・・?読みならともかく。あとさりげなく著者の「この指とまれ」の主人公も登場している。

大澄剛
アクションコミックス全1巻 / 双葉社
ジャンル:青年・ドラマ / 好み度:★★★★☆
出落ちガール 鈴木小波短編集
2017年08月18日 (金) | 編集 |


脱エバ!・おかんゴースト・エイリアンダイエット・お葬式フェア・クーパー伊藤さん・ヒトミゴクー・万引きGガールを収録した出オチっぽい設定のヒロインが登場する悲劇・喜劇・オカルト・ドラマ、各種取りそろえた短編集。
題名で大体の設定がわかる話が多く題名が設定に纏わる駄洒落になってるのも少なくない。とはいえ出オチで終わらず、じんわりとくるドラマだったり、肝の冷えるオカルトだったり、泣ける話だったりと、きっちり読ませる内容。一風変わった設定に王道かつ心に染みる構成が見事。
脱エバ!は、記憶があやふやで立ち尽くす武士姿の青年相手に謎の厚着美女が唐突に野球拳を仕掛ける話。題名が駄洒落で読み終わってああ、と思う系。ハラハラしたあとにすきっとしたオチが待っている。
おかんゴーストは、産褥で死亡した母親が息子に霊として取り憑いている話。息子が立派になるまで成仏できない、と浮遊霊?憑依霊?になって息子を育てたが息子は絶賛グレてヤンキーになっている。シリアスな設定だが終始コミカル、あと感動系。母の幽霊技が派手で破壊力があるし、憑依技では顔が母の可愛い顔になってて男子の体格とのアンバランスさがきも可愛かったw
エイリアンダイエットは、明るい笑顔のポチャ女子に惚れた男子と、流行の妖しいダイエットに手を出したポチャ女子の狂想曲。オカルトつーかホラーコメディというか。オチも冴えてる。
お葬式フェアは、人の業を描いたオカルト一直線。束縛愛の妻を殺した夫の前に現れたのは胡散臭い笑みを浮かべた奇妙な葬儀屋。若干演劇舞台っぽい演出の印象を受ける。どんでん返しに次ぐどんでん返しの構成が面白い。
クーパー伊藤さんは、クーパー伊藤さんの話(笑)身長つか体長がどんどん変わる女性の話で一番わけがわからない話(褒めてます)題名から予想できない内容は斜め上だった。
ヒトミゴクーは、山に住む猿の化け物と、化け物の生贄となった女性の話。女性は泣くと真珠をこぼす体質のため表情が出ない。猿の化け物は真珠を出そうと悪戦苦闘するが・・。妖怪と人間のせつなくもほっこりとする話。構成的には定番だと思うが素で泣ける良い話。
万引きGガールはスーパーの万引きGメンの女性の恋の話。店長の造形が地味に怖い。恋する突っ走りというか暴走ヒロインのキャラはこのころからあったんすね。

鈴木小波
ヤングキングコミックス全1巻 / 少年画報社
ジャンル:青年・コメディドラマ / 好み度:★★★★☆
てーきゅう
2017年08月11日 (金) | 編集 |


亀井戸高校テニス部員の4人の女子たちがテニスしたりしなかったりする学園生活や日常を描くナンセンスギャグコメディ。
テニスができないボケ生産機で言動の激しい小ぶりな女子、変態ここにきわまれりとつぶやきたくなる関西弁女子、常識の範囲を超えまくりお金の使い方が変すぎる天然お嬢様、そんな斜め下な行動をする先輩達に振り回されるツッコミ役っぽい立ち位置の後輩女子が織りなすボケてボケて突っ込んでな会話ややりとりを楽しむギャグコメディ。
ギャグネタはあさっての方向に向かうナンセンス系で、庭球という題名だがあまりテニスはしていないという。テニス場で部活をしている場面なのにテニスしてない(笑)
キャラ設定とそれに伴う予測できないキャラの言動が素晴らしい。可愛らしい女子がいろんな意味で残念なベクトルに向かうところが見所のよう。よくこんなの思いつくなというかんじ。
このタイプの作品は感性が合えば面白い傑作なのだがそれほどでもなければガチャガチャしてるだけの話になるんだよなあ。個人的には面白いエピソードとそうでないエピソードの差が激し方のだがトータルで良作だった。

原作:ルーツ  漫画:Piyo
アース・スターコミックス / アーススター
ジャンル:青年・ギャグ / 好み度:★★★☆☆
艶やかな女 冨明仁
2017年07月27日 (木) | 編集 |


ワンツーマンゴー・紳士はマグ様がお好き?・鉄仮面女王ビビアン・密使・万盗・天気雨・憧憬を収録した短編集。
ワンツーマンゴーは、キッスを主題にしたミュージカル風な演出の学園アクション?ラブコメ。キッスで他者を魅了しきる魅惑の唇を持つ女王な女子学生に向かうは、某漫画のひるまみたいな風貌のヤンキーくん。一応学園ものっぽいが周囲のモブは素でキスしまくりでミュージカルコメディ風な演出が多分にあるという・・。構成やいけいけな展開に唖然としたが面白い。うん。
紳士はマグ様がお好き?はSFハードボイルド活劇。どこかライトなノリでちょい定番ではあるがラストのどんでん返しが面白い。
鉄仮面女王ビビアンは、題名通りフルフェイス鉄仮面をかぶった女王のお話。王族らしからぬ明るく俗っぽい気質の彼女が起こすドタバタ劇。ほんとちょっと落ち着こうよと突っ込みたくなる面白さ(笑)
密使は時代劇。密書を届ける裏切り者の侍と隠密の話。ピリッと決まった構成が良い。
万盗も時代劇かな。明治初期、ある特技を持ったスリの青年の話。ある男性からスリ盗ろうとした青年だが・・という流れ。青年の特技と、時代劇のタイマンの剣の勝負のときのような緊張感や読みあいの描写が秀逸。
天気雨は、パートナーと喧嘩して腐っていた青年が、祖父の死の際の出来事を思い出す話。心に染みる話。
憧憬はSFファンタジー世界の一人の少女の進路の話かな。その世界では大きな鳥に乗る仕事が存在しその乗り手になることを望む少女だが、というかんじ。某風の谷の乗り物がほんとの鳥になったかんじというか。設定は興味深い。

<とみあきひと>冨明仁
ビームコミックス全1巻 / エンターブレイン
ジャンル:青年・コメディ / 好み度:★★★★☆