読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
はんなりギロリの頼子さん
2018年02月03日 (土) | 編集 |


舞台は京都、目つきが鋭い美人が主人公。彼女は町のタバコ屋なのだが世界遺産の1つの近所にあるためか、よく観光客に話しかけられる。
主題はお客とヒロインの交流を通しての京都観光案内といったところか。目つきが鋭いので臆されることもあるが受け答えや案内は丁寧、外国人観光客の割合のためか外国語というか仏語もできるというスペックの高さ。
日常系にみられるまったりさというかおっとりさを醸し出している。ヒロインのキャラ設定は、とっつきにくいところもあるけど中身は優しいよという京都気質の象徴なのだろうか・・と思わなくもない。ゆるーいガイドものとしては良作だと感じる。

あさのゆきこ
ゼノンコミックス / 徳間書店
ジャンル:青年・ドラマ・ガイド/ 好み度:★★★☆☆
弦月に哭く
2017年09月25日 (月) | 編集 |


石田三成の「西軍」と徳川家康の「東軍」とによる関ヶ原の戦いが勃発。天下分け目の大戦下の、伊達政宗の己の土地を取り戻すための動向を描く戦国絵巻。
スタイリッシュな絵柄だがざっくりと力強い筆致で紡ぎ出される伊達政宗像、そして関ヶ原の合戦における政宗の立ち位置と動向が描かれる。戦ものというより政治ものといったほうがいいのか、これ。骨太だけど無骨じゃない、著者の作風はとても惹かれる。
うーむ、やっぱり著者の描く政宗は好きだなあ。成実のほうが地味に目立ってる気がしないでもないが。
愛妻・めごや娘のいろはとのやりとりは殺伐とした展開の清涼剤のごとくほっこりするし、愛妾の猫御前の設定とキャラはくすっと笑える良さ。
掲載誌が休刊で続編は出ないのかなあ。一応キリのいいところでまとめられてはいるが。

角川コミックス1巻 / 角川書店
ジャンル:青年・歴史 / 好み度:★★★★☆
2016年2月発売分未読一覧1
2017年07月02日 (日) | 編集 |
2016年1月発売分未読一覧3
2017年07月01日 (土) | 編集 |
2016年1月発売分未読一覧2
2017年06月10日 (土) | 編集 |
2016年1月発売分未読一覧1
2017年06月10日 (土) | 編集 |
2015年12月発売分未読一覧1
2017年02月20日 (月) | 編集 |


2015年12月発売分未読一覧2
2017年02月20日 (月) | 編集 |