読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年1月以降発行タイトル対象。
感想はブログにある記事以外にも、タイトル・作者順の目次のある本舎の漫画感想にも多数あります
この人類域のゼルフィー 塩野干支郎次
2017年03月30日 (木) | 編集 |


宇宙が統一された世界。お尋ね者の海賊として追われる少年の目的とは。本格スペースオペラストーリー。
宇宙が統一されているものの強者が大きな権力を持つ社会構成のよう。主人公の幼そうな少年は、お尋ね者。どうも少年は統一前の王国の王子で、彼を中心に新しい秩序を作るみたいなのが目的のよう。詰まるところ現状の世界を作り替えようとする革命の話、でいいのかな。小規模団体ではじめるテロという体だけども。
超シリアスな話、なんだけどあいかわらずの著者らしい砕けたノリやシーンも多々あり。この題材ならユーベルフラッドくらいの硬派さでいいと思うけどレーベル的にライトなノリが望まれていたのだろうか。いまどき珍しい本格スペ-スオペラなのでジャンルが好きな人には楽しめると思う。SF的舞台描写は秀逸。あとタイトルも妙に印象に残る文言で好み。


<しおのえとろうじ>塩野干支郎次
ヤングキングコミックス / 少年画報社
ジャンル:青年・SF / 好み度:★★★☆☆
亜人
2017年03月20日 (月) | 編集 |


17年前に不死の人間が確認され、以後十数人確認された未知の彼らは亜人と呼ばれるようになる。交通事故に遭うが生き返り自分が亜人と知った少年の逃避行が始まる。
亜人は死ぬ目にあうまでわからず、主人公の少年は交通事故に遭い、生き返ったことにより初めて自分が亜人と知る。亜人は政府機関に身柄を拘束されるようで、主人公はそれを拒み逃走することになる。いわゆる逃亡サスペンスで、逃げるうちに協力者も現れたり追っ手のほうも亜人専門が登場したり、話が逃亡だけにとどまらないスケールになっていく展開は王道かつ秀逸。
亜人が単なる死なない人間、でないところと、亜人を超人たらしめる存在が肝のよう。それは1巻表紙でなにげにわかる仕組み。逃亡劇ものはひやひやするので実のところ好みとは外れるのだがこちらはどう話が進むのか読まずにはいられない構成が良い。

原作:三浦追儺 漫画:桜井画門 (さくらいがもん
アフタヌーンKC / 講談社
ジャンル:青年・SFアクション / 好み度:★★★☆☆
明るいセカイ計画
2017年03月20日 (月) | 編集 |
2013-3


ギャルゲーのキャラを愛する眼鏡男子と眼鏡男子に強烈な執着と偏愛する幼馴染みの女子が通う学校に、少子化対策担当大臣補佐官を名乗る人物が現れる。補佐官は、日本の人口減少の解決策として夏休みの間に学内の人間と恋人になれ、恋人が出来なければ死を、と宣告する。
その宣告よりほとんどの生徒はカップルとなったが、死を脅されつつもかりそめでも恋人を作らなかった(作れなかった)男女9人は、補佐官により、ある閉鎖された屋敷に連れてこられるのだが。
恋人をつくらなかった生徒たちは、二次元オタの主人公、主人公にしか興味がないというか異様な執着愛を持つ幼馴染みの女子、多数の求愛を拒否した女子、金銭にしか興味のない女子、食い意地にしか興味のない男子、モテてそうで実は全然モテなかった男子など、癖のある面々ばかりであり、死が掛かっていても相手を作らないのには各々それなりに理由がある、というかんじ。
デッドオアラブ・ラブコメを加味したいわゆるデスゲームものなのだが、キャラが偏向しているせいかどこか他作品と雰囲気が違うかな。サブカルっぽいというかリアリティが薄い印象。そこが作品の特徴であり興味深くはあったのだが、1巻ラスト近くの展開でちょっとしっくりこない話になりそうな予感で続きが読みたいとまではいかなかった。突き抜けたキャラクター描写はけっこう見応えがあったんだけどね。仮面の補佐官のキャラも含めて。

原作:蒼木アキ 作画:出水高軌
ガンガンコミックスオンライン全3巻 / スクウェアエニックス
ジャンル:青年・サスペンスコメディ / 好み度:★★★☆☆
ぴっこりーな 他短文感想
2017年03月17日 (金) | 編集 |
2015-02
ぴっこりーな!
季野このき
冒険家の両親の伝手で、就活がままならない男子大学生の元にインディアン・イヌイット・モンゴル遊牧民の幼い少女たちがやってくることになる。主人公男子と3人の少女の同居から展開される異文化交流コメディ。新大陸と北極と中央大陸の独特の生活様式を主軸としており、幕間にはわかりやすい解説がついている。外国の生活様式の紹介という意味では有意義と感じた。少女たちのキャラクターも可愛いと思う。話自体は主人公が3人の少女に振り回されるだけの典型的な無茶ぶりドタバタコメディで、可もなく不可もなく、正直印象が薄く話運びが好みの傾向ではなかった。



くあどら! (アーススターコミック)
とく村長
離島に住む、特殊能力を持つ4姉妹のほのぼの日常を描く4コマ漫画。超能力は持っているが能力の行使には代償が伴う。と書くとアレだが、内容は尿意がきたりHな気分になってしまうなどちょっと困った状況になるだけ。またそれがエピソードのオチに使われることが多い。基本ほのぼの離島暮らしの萌えコメディだが、父親が子供たちの能力を隠したがる・姉妹たちはいつか本土に行きたいなどちょっとだけシリアスな背景もあり、物語のラストがその背景設定を使って締められる構成。4姉妹の個性と能力設定とキャラ描写は秀逸。絵もうまいしかわいい。だが一方で超能力持ちという設定と日常描写を含めた作風のかみ合わせがしっくりこない印象も。



ソラ×リラ~宙色のリラと臆病な僕~ : 1 (アクションコミックス)
影崎由那
幼馴染みで片思いの少女を、自分の告白が遠因の事故で失った少年。悲しみと後悔に暮れる彼の前に、宇宙人の少女が現れる。宇宙人女子の中には幼馴染み少女の意識(データ)が入っており、絶滅寸前の星から来た宇宙人女子当人は少年との子作りを希望している状況。勢いとはいえ子作りを了承した少年は、宇宙人女子と幼馴染み少女、宇宙人女子の同行者である宇宙人男子と関わることになる。著者らしいせつない要素を多分に含めた異色というか異文化ラブコメ。設定は全然違うけど物語の基軸は既作品と同じ印象。主人公の幼馴染みを失った経緯はいたたまれないなあ。物語のとっかかりの設定は秀逸だと感じるがそれからの展開にはあまり興味をそそられなかった。個人的にはまとめて読むタイプの話かな。複数巻。



深海獣 1 (アース・スターコミックス)
菅野 孝典
海上保安官の青年は連続船舶転覆事故現場で謎の巨大生物と遭遇、死にかけるも、女性の姿をした進化した深海生物の助けにより、深海生物と融合し生まれ変わり、巨大生物と戦う戦士となる。深海サバイバルパニック活劇かと思ったら深海ヒーローバトルアクションだった。件の巨大生物は当初ダイオウイカかと思ったけど他の生物を取り込み他の生態系を破壊する化け物となっており、殲滅するための戦士となる人間を探していた模様。ヒーローものかくあるべし的な、80~90年代OVAを彷彿とさせる展開が熱い。バトルアクションに向いている絵柄で線画の処理も丁寧で読みやすく読み応えがある。人物の表情や描写が印象的。それにしても展開が早いなあ。あまり多い巻数を予定していないのかな。なじみの少ない深海生物の種類や特性の説明が興味深かった。複数巻。

宝石色の恋 西UKO
2017年03月17日 (金) | 編集 |


ルーレット・topaze・baby youなど17編の百合系スタイリッシュショートストーリー作品集。
ルーレット・mio post・パルファン・p.v・マネキン・777・baby you・demande・Au・topaze・二十分の無限・灯の情算・.925・恋女・アップ&ダウン・helter-skelter・the OL cafeを収録。
ある百合カップルのふれあいの話とか、名前も知らないけれど気になる相手とのやりとりとかとか、ある日のある場面を切り取った内容だったり、これから物語が始まる的な内容の数ページのショートストーリーがほとんど。その中に、ストーリー性の高い話とか、巻末にはお遊びで行われるOLカフェの企画の吟味といった毛色の変わったお話もあり。
一番の長編?はノーマル女子が百合女子に告白されてわりと強めにアプローチされる話。かな果たしてそれは恋に発展するのか、みたいなノーマル女子側の検証の話が興味深かった。あと百合属性の独り身女性と、他界した姉の娘を引き取って育てている女性の話が一番良かったかな。ある意味定番だけどほんわかとした初々しい二人が良い。
長身・痩身・美形揃いの登場人物と情景描写が特徴のスタイリッシュな作風。都会のイケてるお姉さんというのはかくあるという印象。

西UKO
楽園コミックス全1巻 / 白泉社
ジャンル:百合・ドラマ / 好み度:★★★☆☆
事件記者トトコ! 丸山薫
2017年03月17日 (金) | 編集 |


仕事環境も仕事道具も良好なのにまともなスクープがとれない食いしん坊で天性の残念気質の女性記者トトコが織りなすレトロドタバタコメディ。
ちょっとレトロな時代が舞台。主人公の眼鏡の女性は新米新聞記者。スクープを目指して同僚の男性とともに事件現場に意気揚々と向かうが天性の残念ぷりにより失敗、というパターンが多いドタバタもの。
主人公の失敗談が基軸のスラップスティックコメディなのだが、当の本人は失敗に対しても、自身の風貌や行動を他者に残念がられても、さほどダメージはなく、あっけらかんとしている。食いしん坊で細かいことは気にしない、だが活力はあるという古き良き少年漫画の主人公みたいな気質。主人公の失敗により、自社だけが損をしている美人編集長は主人公に甘いし、わりを喰っている同僚の男性記者の関係も険悪でもないというゆるさもある。主人公の周囲も言うに及ばず、世間を騒がす怪盗とその部下もどこか間が抜けている部分があり、全般的にゆるいというか世知辛くない作風なのでのんびりとした気持ちで読める内容。
レトロ活劇の雰囲気も舞台設定もきっちりある世界観でのお気楽コメディというかんじ。本格レトロ活劇を望む人や、主人公の気質があわないといまひとつかもしれないが、個人的にはかなり楽しめたお話。きっちりとした線だが丸みのある可愛い絵柄、太めのペンタッチはレトロな世界観によく合っていると思う。

丸山薫
ビームコミックス全4巻 / エンターブレイン
ジャンル:青年・コメディ / 好み度:★★★★★
おかゆネコ 吉田戦車
2017年03月17日 (金) | 編集 |


独身一人暮らしの営業マンは、両親が託した?おかゆが得意なしゃべり猫と同居することになる。
独身一人暮らしの営業マンの主人公は仕事漬けで食生活が乱れて健康状態もよくはなかった。そんな息子を憂いた両親は、食生活改善のためおかゆを作るのが得意なツブを同居させることにした、というはじまり。
ツブはそのまんま猫。1年前に作品世界独自の病気・しゃべり病になっていた。しゃべり病とは人間の言葉を話せるだけでなく知能も人間並みになるという奇病。病というより進化っぽいけども。飼い猫と飼い主が意思疎通する漫画はわりとあるけどその設定に病を使っちゃう著者のセンスはやはりツボにはまる。
祖母仕込みのツブのおかゆ調理技術で主人公の食生活改善、が主軸のよう。著者独自のギャグ世界でおかゆに特化した料理漫画、といったところか。知識を披露、というより試行錯誤的な展開が多く一辺倒でない構成が面白い。
既作品と違い、本作品の軸であろうおかゆレシピは、好みはあるだろうが現実味があるものだった。というか著者自身実際作ってみたものばかりみたい。
ツブや主人公以外の登場人物たちは、一見普通のようで軸がズレてたり、美人だけど妖怪の域な女性もいたり、このあたりは著者の変わらぬ作風でどこかほっとする(笑)著者らしいナンセンスな設定や展開は健在ながら以前よりは落ち着いているというか読みやすくはなっている印象。私が著者の作品を読み慣れたからか年をとったからかもしれないが。
おかゆはダイエットにも使える面もあるみたいなので(普通にご飯を食べるより量が少なくて満足感があるから?)興味がある人にもおすすめかも。

ビッグスピリッツコミックス7巻 / 小学館
ジャンル:ギャグ・青年・グルメ / 好み度:★★★★★
残念女幹部ブラックジェネラルさん jin
2017年03月08日 (水) | 編集 |


世界征服を目論む秘密組織の女幹部なのに宿敵たるヒーロー・ブレイブマンの大ファンであるブラックジェネラルさん。ブレイブマンにテンション高めのアプローチをする彼女を中心に、ヒーローと組織の面々などが織りなすヒーロードタバタコメディ。
いわゆる正義のヒーローVS悪の組織コメディ。ナイスバディで目つきが鋭い美人の悪の組織の女幹部がヒロイン。彼女は部下を引き連れヒーロー・ブレイブマンと対峙、そして戦闘・・ではなく、自分がヒーロー・ブレイブマンの大ファンであるとぶっちゃけるところからはじまる。そう、彼女は元々ヒーローオタクで現在はブレイブマンの大ファンなのだった。彼女のネジの外れた熱烈なアプローチをはじめとした残念な言動や萌えコメディの鉄板のラッキースケベ事故により、ヒーローが別のベクトルで憔悴する、という流れを楽しむ作品。
美人なのに残念、でも好きな対象に一途なヒロインと、職業?に見合った生真面目で好青年な気質なのに、いかつい風貌で誤解を招きやすいヒーロー。ヒロインが処女という設定は悪女な風貌とのギャップのためなのか・・と考えるのは無粋なのかね。ヒーローの憔悴っぷりは哀れを誘うがそれがまた面白い。昨今では鉄板であろう、悪の組織が貧乏で庶民的で親しみがわく。
ハイテンションなノリのコメディ展開は巧いしどのキャラも好ましく仕上げているのが好印象。楽しく読める一品。

jin
ドラゴンコミックスエイジ1~ / 富士見書房
ジャンル:少年・コメディ / 好み度:★★★★★