読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
どんぶり委員長 市川ヒロシ
2017年07月28日 (金) | 編集 |


料理が手慣れている男子は、あるきっかけから生真面目な委員長女子に呼びつけられ丼料理を作らされる羽目になる。丼に特化した学園グルメコメディ。
ヒロインはしつけが、特に食事作法が厳しくB級グルメ的なものは食べたことがない生真面目な委員長。学校での調理実習の際、料理を作り慣れている男子が課題を無視してちゃっちゃと親子丼を作りさっさと食べてしまった出来事がおこる。
当初は下品な食べ物と敬遠していたがそのときの親子丼がとてもおいしそうで忘れられず、自分で作ってみても上手く行かず、仕方がないので件の男子に作ってもらうように頼む、というはじまり。
まあお願いするというよりツン?な上から目線な頼み方に一度は断るも、ヒロインの勢いに押されなんのかんのと作ってしまう男子、という構図ができあがる。
定番から変わり丼まで様々な丼料理が披露され、幕間にはレシピも載っている。丼というのもあるのだろうがどれもわりと手軽に作れるものばかりで、料理本としても使える内容ではなかろうか。物語のほうは、お嬢様気質ぽい委員長にツッコミつつもなんのかんのとつきあっている人の良い男子の関係はちょっとほのぼのする。委員長のグルメレポートっぷりはいい意味で滑稽でけっこう的を射た表現だと感じた。

市川ヒロシ
アクションコミックス / 双葉社
ジャンル:青年・グルメ・学園 / 好み度:★★★★★
のぼる小寺さん
2017年07月28日 (金) | 編集 |
2015-7


スポーツには興味はないが親の経歴から運動部に入ることを強要されしぶしぶ卓球部に所属している男子は、クライミング部でボルタリングを熱心に活動する女子から目が離せなくなる。同級生たちの視点からクライミング部の小寺さんを描いたお話。
ボルタリングのスポーツもの、なのだろうが切り口がちょっと違うかな?物語の視点は主格たる女子ではなく、彼女が気になる同級生など他者の視点で女子の様子が描かれ、女子の行動に興味を持ったり影響されたりといった構成。まあ同じ部の部員の視点になってスポーツものっぽくなっていくのだが。
スポーツ要素込みの学園の日常のエピソードを切り取って描写した構成といったほうがいいのかもしれない。個人的にはザワさんとかと文法が似ている印象。
小寺さんは真面目で掃除も部活も一生懸命、クールで礼儀正しくちょっとミステリアスな印象だけど実はお茶目。そんな彼女の魅力を垣間見るのも主題の1つなのだろう。2巻目以降はスポーツ要素に重点を置かれるようになるのかな?

珈琲
アフタヌーンコミックス / 講談社
ジャンル:青年・青春・スポーツ / 好み度:★★★★☆
艶やかな女 冨明仁
2017年07月27日 (木) | 編集 |


ワンツーマンゴー・紳士はマグ様がお好き?・鉄仮面女王ビビアン・密使・万盗・天気雨・憧憬を収録した短編集。
ワンツーマンゴーは、キッスを主題にしたミュージカル風な演出の学園アクション?ラブコメ。キッスで他者を魅了しきる魅惑の唇を持つ女王な女子学生に向かうは、某漫画のひるまみたいな風貌のヤンキーくん。一応学園ものっぽいが周囲のモブは素でキスしまくりでミュージカルコメディ風な演出が多分にあるという・・。構成やいけいけな展開に唖然としたが面白い。うん。
紳士はマグ様がお好き?はSFハードボイルド活劇。どこかライトなノリでちょい定番ではあるがラストのどんでん返しが面白い。
鉄仮面女王ビビアンは、題名通りフルフェイス鉄仮面をかぶった女王のお話。王族らしからぬ明るく俗っぽい気質の彼女が起こすドタバタ劇。ほんとちょっと落ち着こうよと突っ込みたくなる面白さ(笑)
密使は時代劇。密書を届ける裏切り者の侍と隠密の話。ピリッと決まった構成が良い。
万盗も時代劇かな。明治初期、ある特技を持ったスリの青年の話。ある男性からスリ盗ろうとした青年だが・・という流れ。青年の特技と、時代劇のタイマンの剣の勝負のときのような緊張感や読みあいの描写が秀逸。
天気雨は、パートナーと喧嘩して腐っていた青年が、祖父の死の際の出来事を思い出す話。心に染みる話。
憧憬はSFファンタジー世界の一人の少女の進路の話かな。その世界では大きな鳥に乗る仕事が存在しその乗り手になることを望む少女だが、というかんじ。某風の谷の乗り物がほんとの鳥になったかんじというか。設定は興味深い。

<とみあきひと>冨明仁
ビームコミックス全1巻 / エンターブレイン
ジャンル:青年・コメディ / 好み度:★★★★☆
でこぼこガーリッシュ 原鮎美
2017年07月27日 (木) | 編集 |


高い身長と美形で男前なルックスと身なりで男性と勘違いされやすい織子、小学生並の身長と体型と可愛い風貌で成人に見られないナッツン。親友同士の二人の女子大生を中心に描かれるキャンパス4コマコメディ。
織子とナッツンのよくある日常やらやりとりやらを軽快に描いた内容。ふたりはとても仲が良く、ボケツッコミとか掛け合いや喧嘩っぽいやりとりもあるが気負いしない良き関係だなと感じる。
織子が男子に間違われやすいのはその服装や髪型もあるのだが、男装の麗人気質でもなく本来はごく普通の女性の感性を持っている。過干渉気味の双子の兄たちが悪い虫がつかないように男装しろと言いそれに従っているうちに染みついてしまったというかんじ。男装で目立たないが実はナイスバディ、服装次第でフェミニンに変貌するというのがミソ。
ナッツンのほうは成長が・・止まったまんま年を重ねておりそれはそれで愛らしいのだが大人の女性になりたいと望んでいるかんじ。
彼女らのキャンパスライフや、彼女らが所属する古典芸能研究会の個性的な面々も登場しなんのかのと幅の広いコメディが描かれていく。4コマという形式だからというのもあるが、あるあるな身近に感じる会話や出来事を漫画的にいい感じに誇張して楽しめる構成になっている印象。気軽に読めて素で面白い。毎話冒頭にある二人のツーショットカット絵もなんか好き。

原鮎美
ビームコミックス全3巻 / エンターブレイン
ジャンル:青年・4コマ / 好み度:★★★★★
お前はまだグンマを知らない
2017年07月26日 (水) | 編集 |


その男子は再びかの地へ戻ってきた。そして驚愕の連続を経験する。グンマを自虐と愛で綴る地方ギャグコメディ。
主人公の男子高校生は、幼少期に一度住んでいたが後に他県に行き再びグンマの高校に通うことになったのだが、というはじまり。
ネット等でネタ的に取りだたされることが多い彼の地群馬・・ではないグンマでのカルチャーショックの洗礼を受ける主人公の視点から、地元あるあるネタを突き抜けたテンションで綴るギャグ漫画。
主人公は一度グンマで暮らしたことがあるもののほぼ外の人間、昔なじみの地元民の同級生はいるが頼りになりそうでならない。地元独特の文化や気候に翻弄され、余所者と制裁を受けそうなところをなんとかかんとか回避していく様が見所なのだろう。
関西の人間なので正直地元ネタ自体はピンとこない、のだがとにかく読ませる勢いはあるし、他地域の文化や名所を知るにもいいタイトルだと感じた。この自虐な展開は著者が群馬出身だから描けるんだろうなと思う。ちょこちょこ真面目というか経験談的なト書き説明が入り、マジなのかと思うエピソードもままあったり。
グンマネタだけでは話が続かないからか他県の人間の暗躍とかスパイとかという体で他県の地方ネタも出していく模様。しかしあれだ、東京周辺の県同士はいろいろ複雑なのかね・・やっぱり・・。
加減が全くないギャグの滑稽さと登場人物の本気っぷり必死っぷりの融合と表現描写が見事すぎる。

井田ヒロト
バンチコミックス / 新潮社
ジャンル:青年・コメディ / 好み度:★★★★★
ハルロック 西餅
2017年07月25日 (火) | 編集 |


電子工作に魅了されている女子大生は、ちょっとした問題を様々な工作で解決?していく電子工作コメディ。

電子工作大好きな女子大生によるキャンパスコメディ・・でいいのかな。主題はあくまで電子工作なのだが、人物相関がナナメのゆるっとしたコメディというかんじ。
幼少時は分解魔だった主人公は、高校生のときの余り物選択で選んだ部活の顧問の影響で電子工作に目覚める。大学になるとパーツを買い、なにかしら自作するようになり、そこで技術が自分よりある小学生男子と出会い師匠と崇める。
女子らしい女子に育って欲しい、娘と楽しい買い物がしたいなどの望みを持つ母親、どこか達観した聡明な男子小学生、イケメンで成績優秀だが幼馴染みの主人公が好きで彼女の好きな世界に近づきたいと不得意分野の学校に入ったストーカーが入っている男子などが織りなすやりとりが見所。
どの人物も個性が強めなんだけどどこか茫洋というかほどよい脱力感があるノリがツボ。主人公は電子工作は好きだし工作歴も短くはないが、極めたマニアというほどでもなくめちゃくちゃ巧いとかその道の天才というわけではない。小学生を師匠を仰ぐくらいだし。なので彼女が作る物は唸るようなものではないし、そのためか物語において素人置いてけぼりのマニアックな展開が少ないところも良い。やっぱりどの題材でも著者のキャラや会話劇は面白いなあ。

西餅
モーニングKC全4巻 / 講談社
ジャンル:青年・コメディ / 好み度:★★★★★
プリニウス
2017年07月25日 (火) | 編集 |


ネロ皇帝の治世のローマ艦隊の司令長官・風呂好きの変人・最高の知識人で博物誌の著者の博物学者プリニウスを描いた伝奇歴史物語。
世界史は不勉強なのでプリニウスがどういう人か全く知らなかったが肩書き?を見るに著者の好みドストライクな人だなあという勝手な想像を持ってしまった。それがあながち正しいと思わざるを得ないほど、プリニウス本人の描写が活き活きしていて、変人と呼ぶにふさわしい言動なのに愛着を感じるキャラに仕上がっている。
博物誌は膨大な知識の宝庫らしいがプリニウス本人についての資料はあまりないそうでわりと想像で描いているところがあるそうだが身近に感じるというか妙なリアリティがあって興味深い内容だった。博物誌の基盤はプリニウスの言動や当時の様子を記述した書記の仕事が活きていたからってことでいいのかな?
とり・みきと共著と聞いて、絵柄全然違うじゃ・・と思っていたが、人物はヤマザキさん、背景がとりさんになっていて違和感がないというかみごとな融合というかんじ。とりさんの背景の緻密さは改めてびっくりした。
前作の風呂漫画はけっこう漫画的描写が多かったがこちらは落ち着いた作風。というか前作もこういう作風で描きたかったらしいのでこちらのほうが本来、というべきなのだろう。ガチガチでなく突き抜けていない等身大な人間描写は秀逸。

ヤマザキマリ とり・みき
バンチコミックス45プレミアム / 新潮社
ジャンル:青年・歴史 / 好み度:★★★★★
ごきチャ るい・たまち
2017年07月25日 (火) | 編集 |


人間の友達が欲しいゴキブリの少女ごきチャは、ゴキブリが居ない北海道へ旅立つ。ゴキブリ擬人化コメディ4コマ。

人間社会の隅っこに生息し嫌われ者ナンバー1の害虫の種族だが人間と仲良くなりたいと思っている健気な少女が主人公の4コマ。
ぶっちゃけゴキブリの擬人化なわけだが大きさは現実と同じくらいで人間にはふつーにゴキブリの風貌のよう。人間に嫌われ姿を見つけられては殺されにかかる中、なんとか生き延びている状況。そんな彼女は同種族のいない北海道なら友達が見つかるかもと、北海道行きの船に乗る。
北海道でも別の方向性で命の危機を感じたり、以前と同じように退治されそうになったり、同系別種の仲間と知り合ったりする日常アドベンチャー?コメディになっている。主人公当人が可憐で健気なのでその種が嫌いな人にも読める・・かな?個人的には妙に癒やされるキャラで楽しめたのだが。都会の中でのミニマム生物の視点の描写という点でもちょっと興味深い内容だった。
虫なのに掃除が出来るファンタジーはともかく、何よりあれだけ殺虫剤攻撃を受けて生存していることに驚異を感じる(笑)現実にいるとリーサルウェポンか研究者の究極の素体だな(笑)

るい・たまち
まんがタイムKRコミックス / 芳文社
ジャンル:4コマ・コメディ / 好み度:★★★★★