読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
青春のアフター 緑のルーペ
2017年08月20日 (日) | 編集 |


片想いで告白したが手ひどくフラれた直後文字通り目の前で消えてしまった少女が16年後に当時の姿のまま現れる。少女を忘れきれないまま16年生きた青年だが同時に同棲する彼女もいる。少女と青年とその彼女の奇妙な同居生活がはじまるが・・。

高校生のとき。主人公と少女はゲームを通して傍目からつきあっていると勘違いされるほど交流があった。事実主人公は少女が好きなのだが、少女のほうは他の快活な男子のことが好きだったのだ。それを知った主人公はそれでも少女に告白をし手ひどくフラれる。そしてその直後少女は文字通り目の前で消えてしまい行方不明となる。
それから16年たち、主人公は社会人になり出来同棲する彼女もいる。ただ今はだれも居ない少女の家の管理などをしており完全に縁を切っていないというかな状態。そして彼女と同棲を機に気持ちを切り替えようとした矢先、目の前に件の少女が当時の姿のまま現れる・・という身も蓋もない展開に。
青春の恋心が風化する前に物理的に蘇り、現在もひとりならいいんだけど同棲するほど親密な彼女もおりで、少女は身内がいないから彼女と同棲する住処に少女も住むことになるという・・。ゲームという共通の趣味があるなどさほど衝突もないが・・・。
少女のタイムスリップの妙、ADVゲームの選択肢のごとくどの選択をとるのか、生々しい人間心理描写と人間模様が描かれていくのだろう。泣き笑う登場人物の絵面にはなかなかに心を締め付けられる。苦い、どこまでも苦い。アフターと書いて後始末と意味づけるのか。良い題名。
最初のタイムスリップで再会したときの少女の台詞とそれに答える主人公の台詞の残酷さがいろんな意味でインパクトが強かった。終始こんな展開が続くのか。登場人物の行動も心理も、嫌悪は全くないが汲み取れないことばかりで多分読み進めても共感は覚えられないだろう。だが読みたくない類ではなく、未知の世界を知りたい欲求という意味で興味深い作品だった。

緑のルーペ
アクションコミックス / 双葉社
ジャンル:青年・恋愛ドラマ / 好み度:★★★☆☆
海月と私 麻生みこと
2017年08月20日 (日) | 編集 |


海が見える民宿の経営者でやもめ男に、仲居求人を見てやってきた謎の美女の話。
父が残した民宿を営んでいたが、先代から勤めていた仲居さんが亡くなり、廃業を視野に入れた男性。とはいえ予約の客がさばけるまでは営業することにしたので廃業までの間の仲居さんを募集する。その募集にやってきたのは若い美人の女性だった。
なぜこんな民宿の募集に、と思わざるを得ない美人にいろいろと勘ぐってしまう主人公。だがほぼ強引というか押しかけ女房ならぬ押しかけ仲居のように、美女は住み込みで働く事になる。
愛想がよくいろんなお客に対しても柔軟に対応、だがたまに突っ込んだ行動もする。客観的に見て有能でもっと良い職場もあるだろうにと思う人物だが、訳あり・曲者の雰囲気もある。主人公は迷いに迷って腹をくくる。
主人公の亡き父親との確執や過去、泊まり客のドラマ、同業の大手旅館の話などを重ねていく。濃いドラマ性を出さず1つのエピソードがそれなりに落ち着く分量がちょうど良い。しっとりと心に染みる雰囲気と展開が上手い。出来事の描写は淡々としているが主人公のモノローグが少々オーバーな演出なのもメリハリがあって良い。

麻生みこと
アフタヌーンコミックス全4巻 / 講談社
ジャンル:青年・ドラマ / 好み度:★★★★☆
カンガエロ たうみまゆ
2017年08月20日 (日) | 編集 |


北海道の美大の軽音部に所属する石川はエロめ妄想が癖。そんな彼をはじめとした個性豊かな男子大学生たちの北海道キャンパスライフコメディ。
舞台は北海道の某美大。目の前にある事象を基に様々な妄想をする癖のある男子大学生・石川と、文化系サークル混合の打ち上げ飲み会で知りあった岸本を中心にしたキャンパスライフを描いたコメディ。岸本は石川の妄想に乗ってくれるというのでつきあいができるというかんじ。
石川の妄想は、飲み会終盤の死屍累々状態で世紀末な場面を妄想したり、冬が来る前に飛来する雪虫や真冬の通学を邪魔する豪雪を擬人化してみたりといった具合。そして男子らしいエロが多分に含まれる。おっぱいがいっぱい(笑)そんな妄想を岸本との会話で広げていくパターンが多いかな。
文化系の学内イベントのグダグダっぷりや突き抜けたキャラの学生がちょいちょいいる美大っぽいエピソードや、雪虫・豪雪の中の通学・ジンギスカンの花見など北海道ならではのイベントやあるあるエピソードが興味深い。
男子学生は基本ゆるいというか感性で生きてる系が多く、女子学生はそんな男子にあきれて怒る役どころのよう。なんか・・・青春!ってかんじじゃないだるーっとしたノリが楽しかった。特に主人公二人のどことなく脱力した会話劇がツボだった。若干青年漫画っぽくない作風だなと思ったらBLがメインの人でした。なる~。

たうみまゆ
角川コミックスエース全1巻 / 角川書店
ジャンル:青年・コメディ / 好み度:★★★★★