読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
私の彼は仕事ができない 山田可南
2017年09月06日 (水) | 編集 |


書店に勤めるヒロインは家事全般は達者だが会社が倒産し無職の彼を持つ。彼が再就職した先は自分の職場だった。仕事と恋愛を描く物語。
ヒロインにはつきあって6年になる彼がいる。家事は上手いのだが、会社が倒産し無職状態、でも当人はさして気にしていない模様。そんな中、彼が再就職するも勤め先が自分が勤める書店だったというはじまり。
ヒロインは書店のフロア長で、彼氏はその下で働くという構図。効率度外視の働き方をする彼氏に憤慨する展開があるので題名に繋がるようだが、その非効率さが良い方向にいったような展開になる。
うーん、つまるところ公私ともに同じ場所にいるカップルの話みたい。女性が上司というところがミソで、プライベートでは見えなかった様々な新しい発見と、ヒロイン自体の変化とかが描かれていくのかなあと。仕事と恋愛ものではあるが、青年誌連載だからか女性誌で見られるパターンとは若干差違が感じられる。
個人的には書店という仕事場の特色は活かされないままなのかはちょっと気になるところ。

山田可南
ゼノンコミックス / 徳間書店
ジャンル:青年・恋愛・業界 / 好み度:★★★☆☆
春待つ僕ら あなしん
2017年09月06日 (水) | 編集 |


高校で脱ぼっちを目指すも、突如出会ったバスケ部の人気者4人組に関わられ振り回され前途多難なことに。イケメン4人とのドタバタ青春物語。
主人公は自分の気持ちを他者に伝えられず流されてしまうタイプの女子。高校では脱ぼっちを目指すも友人はできないまま。唯一の心のオアシスはバイト先の飲食店とそこから見えるバスケット場の思い出。なのだが、学内で有名なバスケ部男子4人がバイト先にやってきて内一人に勘違いで告白されたことから主人公は彼らと関わりを持つようになる。
意地が悪いのもいれば、気遣いのある男子もおり、その優しい男子は同じクラスで主人公は気になるって展開かな。1巻のおわりには、中学時代に仲の良かったバスケ女子が実は男子で、後々話に絡んで来るみたいな雰囲気を出して続く。
主人公に優しくない展開もあるが、それは主人公の成長の起爆剤の意味合いが強いように思うし、良くも悪くも登場人物のキャラ設定がはっきりしていてよく動いており、青春物語として面白さが増しているように感じる。

あなしん
KCデザート / 講談社
ジャンル:少女・青春・恋愛 / 好み度:★★★☆☆
思い、思われ、ふり、ふられ 咲坂伊緒
2017年09月06日 (水) | 編集 |


恋愛観が正反対の女子二人は友人になり、彼女らの近しい男子2人も加わっての恋愛模様を描いた青春物語。
仲の良い友人が引っ越しして学校で気の合う友人ができるか不安な女子は、見知らぬ女子に駅で呼び止められ、人を見送るのに財布を忘れて初対面の自分にお金を借して欲しいと言われる。
そんな出会いから物語が始まるヒロイン二人体制の恋愛もの。お金を貸した方が内気で夢見がちな女子・由奈、借りた方が活発で恋愛を含めて現実的な思考の女子・朱里。その出会いの後同じ高校のふたりは友人となる。
由奈は最初の件で朱里の身内の男子でモテ男の理央と知り合い淡い恋心を抱く、理央と朱里は親の再婚による義理の兄弟で理央は朱里が好きなのだが現状から諦めている?、朱里は理央を兄弟以上に見ていない。由奈には幼馴染みの男子・和臣がいて朱里から見ると恋愛対象になりそうと思うものの、由奈にとっては恋愛対象にならない兄弟のような関係のよう。
そんな4人で恋愛物語を回していくかんじかな。
恋愛漫画としてはごくごくスタンダードな内容なのだが妙に惹かれる。恋愛的モノローグや展開は王道。夢見がち少女が少女漫画らしい心情を見せるけど自分の感情に振り回されてる感が薄いし朱里はおとこまえ気質ってのが好ましい。ハラハラよりせつなめな雰囲気が多く割と先が予想しやすい相関だからこそ安心して読めるってのもあるのかも。

咲坂伊緒
マーガレットコミックス / 集英社
ジャンル:少女・恋愛 / 好み度:★★★★☆