読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
隠し絵ミステリーリクとヨハン消えた2枚の絵
2009年03月05日 (木) | 編集 |
リクとヨハン~消えた2枚の絵~
リクとヨハン~消えた2枚の絵をAmazonで見る

シナリオは探偵ものですが、ゲームの内容はパズルです。教授と同じゲーム構成かな。
タイトルにもある通り、パズルの内容は隠し絵。出題された風景もしくは室内の画像の中に隠れているアイテムの内、指定されたものを時間内にタッチするという内容。
難易度が低いものは指定されたアイテム=画像内に隠れたアイテム、なんですが難易度が上がると指定されたアイテム<画像内に隠れたアイテムだったりスクロールしないと全体が見渡せなかったりしてきます。といってもパズルを解くだけなら難易度はさほど高くないです。
解いた時間やミスの数などからSからDまでの評価が出るのでオールS級目指すなら少々手ごわいかな。
隠し絵問題は、人物もしくは特定の風景の部位をタッチすると出題されますがメインストーリーだけを追っていると問題やそれに伴うサブイベントを見逃してしまう場合が多々あり。逃した問題を回収するのは難儀だし、サブイベントは逃したままになってしまうのでちょっとシナリオが進んだら寄り道チェックは必須。
出題内容は・・うーん、まあまあなんですが、もうちょっと作りこんでほしかったかなという気がしないでも。200題くらいありますが同じ風景で隠しアイテムがちょっと違うだけってのが結構あってゲームが進んでいくほどに新鮮味が薄れていくという・・。メインストーリーはさほどボリュームはないのですが、無駄にやりこみ要素があるのがなんともはや。問題をすべて解いたとかすべてS級をとった称号があるのはまあよしとしてエリアの移動回数とかアイテムをタッチした回数とかあったりして。やりこみだすととまらないって人にはたまらんかもしれない。
それにしても隠し絵を見つける能力が探偵の能力ってシナリオにかなり違和感が・・・。まあしょうがないんですがシリアスなシナリオなのに笑っちゃうことがたびたび(汗)
ストーリーシナリオ自体は割りと作りこまれているなと感じました。キャラクターの絵柄は厚塗りファンタジー系で、アドベンチャーというとアニメ調の絵が多かったのでなんか新鮮でした。好みな絵でしたー。

fonfun / アドベンチャー・隠し絵パズル /やりこみ度:★★★★☆
機種:ニンテンドーDS
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック