読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
いかもの探偵 -IKATAN-
2009年03月04日 (水) | 編集 |
いかもの探偵 -IKATAN-
Nintendo DS いかもの探偵 -IKATAN-をAmazonで見る


数話の個別シナリオ構成、アニメ絵柄で萌えな要素を含んだお気軽探偵アドベンチャー。
警察が初動捜査であまりにもくだらない悪戯もしくは事故として基礎捜査をやめた事件のことを「いかもの」というそうで、警察が取り合わない事件を主人公たちが捜査するというシナリオ。
絵柄が安っぽければ内容も安っぽい。B級のノリがそこかしこに流れています。パロディ満載、萌え系満載
いかもの、のタイトルにふさわしく、くだらないというかどこのコントなのかという内容が多く突っ込みどころ満載というかなんというか。いろものキャラがいかもの事件に関わっているというか。まあとりあえず殺しもあることにはあるけども・・。
主人公の男性は捜査を円滑にするために女装する、という要素があり、捜査場面によっては男装、女装とわける仕様。女性に変身シーンにアニメがついていたりするのはお約束なのか。しかしシナリオ的には女装の意義が思ったほど少なかったです。
あとシナリオクリアには時間制限もありますがなにも考えなくても時間内に解けるゆるい構成です。
やりこみ要素(おまけ要素かな)としては登場人物の台詞の中にある、特定の語句に対しウィキペディアもどきの説明ページが生成されるというのがあります。制限時間内に語句も回収しようとするとちときつくなりますが、一度シナリオをクリアして再度同じシナリオをプレイする場合時間制限は解除できるのでそのときに語句を回収できます。
シナリオの数はちょっと少な目かな~。まあネタとしてプレイするには十分楽しめる内容か。ミステリ構成はゆるいのですぐ終わっちゃうけどね。

サイバーフロント / 推理アドベンチャー / ハマリ度:★★★☆☆
機種:ニンテンドーDS
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック