読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年1月以降発行タイトル対象。
感想はブログにある記事以外にも、タイトル・作者順の目次のある本舎の漫画感想にも多数あります
事件記者トトコ! 丸山薫
2017年03月17日 (金) | 編集 |


仕事環境も仕事道具も良好なのにまともなスクープがとれない食いしん坊で天性の残念気質の女性記者トトコが織りなすレトロドタバタコメディ。
ちょっとレトロな時代が舞台。主人公の眼鏡の女性は新米新聞記者。スクープを目指して同僚の男性とともに事件現場に意気揚々と向かうが天性の残念ぷりにより失敗、というパターンが多いドタバタもの。
主人公の失敗談が基軸のスラップスティックコメディなのだが、当の本人は失敗に対しても、自身の風貌や行動を他者に残念がられても、さほどダメージはなく、あっけらかんとしている。食いしん坊で細かいことは気にしない、だが活力はあるという古き良き少年漫画の主人公みたいな気質。主人公の失敗により、自社だけが損をしている美人編集長は主人公に甘いし、わりを喰っている同僚の男性記者の関係も険悪でもないというゆるさもある。主人公の周囲も言うに及ばず、世間を騒がす怪盗とその部下もどこか間が抜けている部分があり、全般的にゆるいというか世知辛くない作風なのでのんびりとした気持ちで読める内容。
レトロ活劇の雰囲気も舞台設定もきっちりある世界観でのお気楽コメディというかんじ。本格レトロ活劇を望む人や、主人公の気質があわないといまひとつかもしれないが、個人的にはかなり楽しめたお話。きっちりとした線だが丸みのある可愛い絵柄、太めのペンタッチはレトロな世界観によく合っていると思う。

丸山薫
ビームコミックス全4巻 / エンターブレイン
ジャンル:青年・コメディ / 好み度:★★★★★
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック