読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
むきだしの恋 カキネ
2017年05月28日 (日) | 編集 |


あるニュースを見て12年ぶりに故郷へ帰ったリーマンは、卒業間際のある出来事から避けていた地元住みの片恋の相手と再会するのだが。都会に出たリーマンと地元で暮らす花火職人のせつな系幼馴染みBL。
退職を考えていたリーマンは、干ばつから12年前にダムに沈んだ母校が現れたニュースを見、気がつけば地元に帰っていた。そして花火職人となった片恋の幼馴染みと再会する、というはじまり。
主人公は、学生時代に幼馴染みへの情欲を自覚したころ学校がダムに沈む直前に幼馴染みへのある行動を起こしたことにより、ほぼ逃げるように都会に出たという経緯がある。その感情は羞恥というか気持ちはあふれるけど禁忌と感じる制止が強いみたいなかんじかな。主人公当人は自分の感情の置き所を葛藤しまくりだったのに相手は明るくも率直に主人公に気持ちをぶつけてくるみたいな展開に。
互いに相思相愛であふれるほどの恋情があるけども、二人の関係を周囲にばれたら・・ということについての双方の考え方が主題の1つのよう。シリアス傾向が強いかなと思ったけど攻側のキャラがあかるいというかまっすぐで、さりげにコメディ色もありさほどシリアスシリアスしていない印象。公衆の面前でいちゃいちゃする場面はBLではよくあるけど、そういうのは萎える人間なのでこの主題はいろいろ趣深い。
しっとりとした雰囲気、でもけっして昏くもない絶妙な作風が良いですね。うだうだ考える主人公をひっぱっていく花火師の描写が萌えた。

カキネ
ドラコミックス全1巻 / コアマガジン
ジャンル:ボーイズラブ・ドラマ / 好み度:★★★☆☆
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック