読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
夢喰い王子の憂鬱 阿仁谷ユイジ
2017年06月25日 (日) | 編集 |


もてあまして手放したい、欲しいけど得られず苦しい、夢や望みを抱える女性の前に現れるのは、そんな夢を食べてくれる王子様、の姿をした何か。
10年鳴かず飛ばずの漫画家の卵、子育てに疲れ気味のシングルマザー、高慢だがひとりぼっちの小学生・・。夢や望みはあるけどままならない女性に焦点をあて、その女性の前に現れる童話の国王子様のような青年。彼はもてあます彼女らの夢を喰らう。
食いしん坊だけど胃弱ってなんぞ(笑) 
いわゆる痛い女子の赤裸々な独白と容赦のない現実に共感を覚えつつ、そういう女子に対する著者のいとおしさが如実に出てるなあと感じる内容かと。一話完結形式のオムニバス、かと思ったら各々のヒロインは人間関係が地味に繋がっている模様。
小学生はそれまでの女性と違うオチがついていてレギュラー化しているのだが、王子様の正体も含めて実はでっかい伏線なかんじ。
女性達の表情の豊かさが印象的。特に描写の生々しさに思わずえっろってつぶやきたくなるよ。獏の王子様もどこかベクトルがズレてる部分もあり、シリアスな話なのにちょっと笑ってしまうところも。
なんにせよ既作品も構成が秀逸なだけに最後はあっという結末が待っているような気がする。


阿仁谷ユイジ
Fxコミックス全2巻 / 太田出版
ジャンル:青年・ドラマ / 好み度:★★★★★
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック