読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
滅子に夜露死苦 クール教信者
2017年07月09日 (日) | 編集 |


喧嘩が強く、滅子とあだ名がつくほど恐れられているが心根は年相応の女子の高校生活を描いたコメディ。
喧嘩が鬼強く、最強の不良として恐れられ周囲は遠巻き。本名は明子だが周囲には滅子とあだ名がついている。のだが当人は不良だという認識はなく周囲とも仲良くしたいのだが、笑顔も怖くて避けられる。顔は可愛くて乳もででかいがそれ以上に腹がでかい。
そんな主人公の日常を描く話。主人公の意図と周囲の反応の乖離のコメディののち、主人公を慕う物怖じない少女や主人公をライバル視してはタイマンを挑みやられるというお約束の少女なども登場。彼女らとのやりとりが面白い。
そういうのほほんとした話ばかりかと思いきや、主人公のある時期の記憶がないなどシリアスな背景が出てきて、なにやらノリが変わってきて、思わせぶりな前フリとかシリアスというかファンタジーかSF的な設定が入ってくる。こういう展開は著者のカラーの1つなので静観したが、これ単体では展開がついていかないというか違和感を覚えるかもしれない。
著者の作品は全部網羅していないのでなんとも言えないが、一応既作品に脇役?で登場しているし、ある種のスピンオフ作品なのかもしれない。

クール教信者
REXコミックス全2巻 / 一迅社
ジャンル:青年・コメディ /好み度:★★★★☆
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック