読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
ニャンコロカムイ 樹るう
2017年07月22日 (土) | 編集 |


かつて剛胆な勇者だった青年は何者かの呪い?により半猫半人の姿に変化する。果たして彼は元の姿に戻れるのか。北の大地を舞台にしたカムイと人間を巡るファンタジーコメディ4コマ。
舞台は北の大地。現実世界だと北海道あたり。神(カムイ)が存在し人間の暮らしに身近な存在であり敬われている。そんな世界で破天荒で剛胆な勇者だった主人公の青年は、現在は猫耳や猫の特性を持った小ぶりな生き物になってしまっている。武勇は以前とは違えどスペックは高く猫の神?と勘違いされたりもする。そんな彼は自分を半猫半人の姿にした犯人を捜しているのだが・・という設定を軸に置いたコメディ4コマ。
最近よく見かける横長コマタイプの4コマ構成なので、わりとアクション描写なども描き混んでいるし絵面がワンパターンではない。著者らしいいろんな意味でテンション高めでノリの良いやりとりや展開、あとなにげにお色気なネタも見られる。
ちなみに主人公には神通力を持つ美人の嫁さんもおり、バカップルを体現したようなラブラブ夫婦。猪突猛進な主人公が物理的にゴタゴタに突っ込み、序盤で登場する魚の神?がボケと対局のほうのツッコミをする形が多めかな。可憐で旦那様ラブな奥さんは本当に淑女で可憐なのだがなかなかに良いキャラを持っている。
トントンと話は進むしキャラ同士のやりとりが明るく面白い。北の大地の神々の体系や祀り方などあまり知らなかったので、その方面でも興味深いタイトルだった。

<たつきるう>樹るう
バンブーコミックスWINセレクション全3巻 / 竹書房
ジャンル:4コマ・コメディ / 好み度:★★★★☆
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック