読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
どんぶり委員長 市川ヒロシ
2017年07月28日 (金) | 編集 |


料理が手慣れている男子は、あるきっかけから生真面目な委員長女子に呼びつけられ丼料理を作らされる羽目になる。丼に特化した学園グルメコメディ。
ヒロインはしつけが、特に食事作法が厳しくB級グルメ的なものは食べたことがない生真面目な委員長。学校での調理実習の際、料理を作り慣れている男子が課題を無視してちゃっちゃと親子丼を作りさっさと食べてしまった出来事がおこる。
当初は下品な食べ物と敬遠していたがそのときの親子丼がとてもおいしそうで忘れられず、自分で作ってみても上手く行かず、仕方がないので件の男子に作ってもらうように頼む、というはじまり。
まあお願いするというよりツン?な上から目線な頼み方に一度は断るも、ヒロインの勢いに押されなんのかんのと作ってしまう男子、という構図ができあがる。
定番から変わり丼まで様々な丼料理が披露され、幕間にはレシピも載っている。丼というのもあるのだろうがどれもわりと手軽に作れるものばかりで、料理本としても使える内容ではなかろうか。物語のほうは、お嬢様気質ぽい委員長にツッコミつつもなんのかんのとつきあっている人の良い男子の関係はちょっとほのぼのする。委員長のグルメレポートっぷりはいい意味で滑稽でけっこう的を射た表現だと感じた。

市川ヒロシ
アクションコミックス / 双葉社
ジャンル:青年・グルメ・学園 / 好み度:★★★★★
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック