読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
アキタランド・ゴシック 器械
2017年08月06日 (日) | 編集 |


そこは日照時間の少なさと対照的に変わった県民が生活する北国のとある県。角の生えた女子アキタとその友人2人を中心に可愛くもかしましく、すこしふしぎな日常を描くゴシックコメディ4コマ。
とある北国の県が舞台、とあるがその風景は魔境に近い。確かに日照時間が少ないし(冬は)寒いけども。
そして主人公の一人の女子は悪魔のような角を持つ。全体的なデザインはゴシックホラーっぽいのだがその作風はほのぼのほんわか。最初の話はその角が虫食い・・虫歯の角版のような病気になり苦しむ主人公の話から始まるほどで。
屈託なく無邪気、子供の理屈っぽさと思いついたら行動・・というアクティブな少女らしいやりとりが展開される。たまに読み手からするとちょっとブラックなオチもあったりするけども(笑)
ファンタジーな設定だがあまりそれに触れず少女特有の愛らしさと活気を前面に出した出来事描きつづけたまにダークを匂わせることもあるオチもあるという絶妙さ。著者は業界ではわりと有名っぽい。確かに世界観のさりげないオリジナリティはすごいし、読ませる構成は見事。あとちょこちょこと退屈させない仕掛けがあるのも良い。なんか地味に推したい漫画というかんじだった。

器械
まんがタイムKRコミックス全2巻 / 芳文社
ジャンル:4コマ・ファンタジー / 好み度:★★★★★
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック