読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
宮田書店へようこそ! 水あさと短編集
2017年08月11日 (金) | 編集 |


帰れない二人・ファミレスの住人・制服の下にある魔法・たべる部・宮田書店へようこそ!・デンキ街の本屋さんみかんBOOKの場合を収録した短編集。
帰れない二人。ヒロインは嫌いな男子から告白され逃亡する。自分の部屋で悶々としながら男子が嫌いな理由たるそれまでの学校生活を回想する。そしてヒロインは男子に対してある行動を決める。なんつうかこそばゆくなるほどにいとおしい青春回想劇の後の結末的演出が絶妙。冒頭のカラー一枚絵からストーリーが出来た作品だそう。
ファミレスの住人は、ファミレスで男子2人と後から来た女子1人で繰り広げられる熱いファミレス議論。値段とかメニュー組み合わせとかファミレスの禁断の裏技的使い方とか(まねしないでください)。熱いというか夜中におきるみょーなテンションを彷彿とさせる。そしてファミレス議論からのラブコメ展開にこそばゆくなる。良い。
制服の下にある魔法は、制服を着ると様々な超能力が使えるようになってしまった男子女子の話。こちらもけっこう突き抜けた方向性とテンションの高い会話劇が楽しめる。
宮田書店へようこそ!は、デンキ街の本屋さんみたいな話のオタ系じゃない一般書店バージョン。こちらはこちらで面白い。
街の本屋さんみかんBOOKの場合は題名通り本編のスピンオフ、主人公達の勤務する書店のライバル書店の話。

水あさと
MFコミックスフラッパーシリーズ全1巻 / メディアファクトリー
ジャンル:青年・青春・ドラマコメディ / 好み度:★★★☆☆
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック