読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
僕の彼女は女子が好き 門地かおり
2017年08月16日 (水) | 編集 |


社会人になって自分がレズだと自覚した女性の、純情と色欲の狭間にゆれるエキセントリックな言動を始めとして周辺の面々の様々な恋愛と人間模様を描く百合と下ネタと恋愛の入り乱れ狂想曲コメディ。
主人公は社会人バレー団?か何かに所属する女性。青春時代の彼氏との出来事から自分は潔癖症だと思っていたが、更衣室で同僚の可愛い女子とのひょんなやりとりから自分が女性が好きなレズだったと自覚する。そして吹っ切れた主人公は同性のうまみを利用し女子ウオッチャーとなる・・。そんな中、実業団選手のイケメン男性コーチがやってくる。コーチは主人公にアプローチをするが当然無視され主人公がレズだとわかってもなお・・・。
報われないのに主人公がレズでゲスとわかっていてもアプローチを続けるMっ気が目覚めたコーチ、コーチの清楚可憐な妹目当てになんのかのとコーチとつきあう主人公、主人公の最初の片恋の女性は彼氏持ちだがその彼氏女装子らしいし、ニューハーフ(単に女装子?)の子も登場し、わやわやな人間相関に。
主人公の心の雄叫びのテンションは半端ないしコーチの妹は清楚可憐ゆえに性関係の思考展開がズレて暴走してるしどの登場人物もなんかベクトル違うけどいろんな意味ですごい。百合恋愛じゃなくて下ネタギャグ漫画だろう、これ。
後半では男性コーチのEDの話になっていろいろ不憫。主人公にさえ出会わなければ・・・(涙)そして読み終わって誰もが思うだろう。お前の彼女ちゃうやん・・と・・。
BL作品でも百合恋愛でも著者のカラーはかわんないなあとしみじみ思う。唖然とする面白さがたまらなかった。

門地かおり
ウィングスコミックス全1巻 / 新書館
ジャンル:百合・恋愛・コメディ / 好み度:★★★☆☆
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック