読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
カンガエロ たうみまゆ
2017年08月20日 (日) | 編集 |


北海道の美大の軽音部に所属する石川はエロめ妄想が癖。そんな彼をはじめとした個性豊かな男子大学生たちの北海道キャンパスライフコメディ。
舞台は北海道の某美大。目の前にある事象を基に様々な妄想をする癖のある男子大学生・石川と、文化系サークル混合の打ち上げ飲み会で知りあった岸本を中心にしたキャンパスライフを描いたコメディ。岸本は石川の妄想に乗ってくれるというのでつきあいができるというかんじ。
石川の妄想は、飲み会終盤の死屍累々状態で世紀末な場面を妄想したり、冬が来る前に飛来する雪虫や真冬の通学を邪魔する豪雪を擬人化してみたりといった具合。そして男子らしいエロが多分に含まれる。おっぱいがいっぱい(笑)そんな妄想を岸本との会話で広げていくパターンが多いかな。
文化系の学内イベントのグダグダっぷりや突き抜けたキャラの学生がちょいちょいいる美大っぽいエピソードや、雪虫・豪雪の中の通学・ジンギスカンの花見など北海道ならではのイベントやあるあるエピソードが興味深い。
男子学生は基本ゆるいというか感性で生きてる系が多く、女子学生はそんな男子にあきれて怒る役どころのよう。なんか・・・青春!ってかんじじゃないだるーっとしたノリが楽しかった。特に主人公二人のどことなく脱力した会話劇がツボだった。若干青年漫画っぽくない作風だなと思ったらBLがメインの人でした。なる~。

たうみまゆ
角川コミックスエース全1巻 / 角川書店
ジャンル:青年・コメディ / 好み度:★★★★★
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック