読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
怪人ようちえん 新貝田鉄也郎
2017年08月23日 (水) | 編集 |


世界支配を目論む秘密結社の怪人の卵たちが立派な怪人になるまでの教育機関・怪人幼稚園のエンジたちの日常を描くコメディ。
往年の仮面ライダーの敵側の組織のような秘密結社は、改造手術により怪人を生み出している。で、生まれたてから戦闘に参加させるのではなく、怪人として戦闘参加させられるまでに、一般知識や人間社会の知識を学ばせる機関があり、それが幼稚園、というわけ。
主人公の少女はコウモリ怪人。最新のタイプゆえに調整に手間がかかり、小学生くらい成長しているが幼稚園に通う、というギャップ設定。園に通う面々の容姿も幼稚園児そのままだが怪人なので蜘蛛やカマキリなど各々の特性が身体についている。
園の中での遊び場の場所取りや諍いなどから園児同士の様々な勝負がはじまり、怪人の能力を見せることを軸に可愛らしくも特撮活劇っぽいエピソードが展開されていく。幼児特有のほのぼのと生命力溢れる出来事と特撮の怪人ならではの要素の合わせ技。面白い。
主人公は他の子よりちょっとお姉さんだからか生来の気質か気の優しいタイプ、思うところがありリーダーシップを撮ろうとする蜘蛛怪人の子など園児たちのキャラ設定と各々の個性のバランス配置が良い。個人的に主人公のキャラは馴染みやすく好み。あとおっとりしつつ実は怖い(笑)先生も。絵はさすがに達者でアクションの絵面も見応えがある。
個人的には冒頭の主人公の手術を終えたシーンで、執刀医?たちの丁寧な言葉遣いと、主人公のあっさりした状況の受け入れの描写に萌えた。・・・それにしてもこの話での怪人って人間を改造するのか一から作るのか生物から怪人にするのか・・どれ?主人公の口調からやっぱり人間の改造なのかな?

新貝田鉄也郎
ヤングジャンプコミックス / 集英社
ジャンル:青年・コメディ / 好み度:★★★★☆
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック