読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
桜色フレンズ 
2017年08月23日 (水) | 編集 |


父親が借金を残し失踪、残された家族3人は父親の馴染みだった金持ちに借金肩代わりの代わりに引きこもりの娘の友人になってくれと言われる。不幸少年とコミュ障女子をはじめとしたちょっとしょっぱい青春4コマ。
母は早逝、一男三女の家庭の長男が主人公。父は借金を残し家の有り金もかっさらって失踪、収入は長女の教師の職で得ていたが、父親が逃亡の際、勤め先の学校にも無体を働いたため失職という崖っぷちの状況からはじまる。
で、頼るところもないので実は父と幼馴染みの理事長に陳謝に行く一家。そこで借金肩代わりと長女の復職の交換条件として引きこもりの娘の友人になってくれと頼まれる。
広い邸内で忍者のごとく姿を隠し素早い娘を見つけるというすごいとこから始まる友達ミッション。なんのかのと心を開いてもらい、理事長の学校の特別校舎に設けられた一家とお嬢様のみの特別学級でのスクールライフがはじまる。
ヒロインの引きこもりの本当の原因の追求と彼女自身の成長、個性が強すぎる屋敷の執事とメイドと一家4人とヒロインの交流が描かれ徐々にヒロインの世界が広がっていく展開かな。主人公以外のヒロインの友人になる立ち位置の女子も登場し話の広がりも見せる。
絵柄の雰囲気的に記号ありきの萌え学園コメディかと思ったがなかなか深いドラマを含む内容になっている。身勝手な親やいじめなどシビアな要素が多々あるが、ほぼ相殺するように理解と援助と絆もあり、なにより主人公を含めヒロインの周囲の面々が、性格は様々だが芯がまっすぐなキャラばかりなのが気持ちよい。あとヒロインが本当に純粋なとこも。というかその気質だから周囲がこの対応になるんだろうと思わせる。ヒロインの隠れスキル設定や一家の達観したやりとりなどコミカルさもいい案配。屋敷スタッフの言動は若干ウザいが行動原理を鑑みるとそれも愛おしく話のスパイスになっているように思う。

佐倉色
角川コミックスエース / 角川書店
ジャンル:4コマ・コメディドラマ / 好み度:★★★★☆
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック