読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
箱庭のソレイユほか短文感想
2017年09月04日 (月) | 編集 |
2016-6
箱庭のソレイユ 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)
川端志季
その日は小学生のときヒロインが通っていた美術教室の先生の命日。先生は他殺で犯人は当時ヒロインの親友の少年とされた。事件から5年後、ヒロインが墓参りした際亡き先生の弟の青年と出会い、刑期を終え出所した少年と再会したところから物語は始まる。姉を殺した少年の動機と事によっては復讐したい青年、青年に惹かれつつ少年が犯人ではないと信じるヒロイン、ヒロインを護りたいと思う少年。恋愛要素とは別に過去の事件の真実が大きな伏線らしいサスペンス要素とシビアな人間模様が興味深い。人物相関と各々の立ち位置の設定を上手く活かし人間描写と物語を深くさせているように思う。少年の言動からどうも事件にはヒロインが知らず関与してるっぽそう・・?アールヌーボー風の表紙絵が個人的に好き。複数巻。★★★☆☆



2015-11
魔法使いと星降る庭(1) (あすかコミックスDX)
湖住 ふじこ
魔法が存在する現代社会。魔法使い適性がある人間は専門教育機関に入ることが義務づけられている。ヒロインは魔法適性ありと認められ魔法学校に入学するも最初の試験に四苦八苦、試験中に出会った学園住み込みの庭師の青年に惹かれる。そして西の魔女から逃げた悪魔の青年を成り行きで使い魔にしたため、怒った魔女に、好きな相手の前では男子になってしまう呪いを受けるという展開に。ファンタジー設定の学園恋愛成長モノかな。絵は美麗。魔法の在る世界観や魔法使いの諸々設定は興味深い。要素詰め込みで話の進め方がけっこうめまぐるしい印象。正直な所いまひとつ物語に入れなかったのは、ヒロインが乙女ゲーの主人公のようなキャラ設定だからかなあ。受難続きの状況に健気に頑張る姿は好ましいんだけど。複数巻。



2014/3
シェイクスピアの歴史劇をベースに中世イングランドの薔薇戦争を描くダークロマン。白薔薇・ヨーク家と赤薔薇・ランカスター家の両家の繰り返される王位争奪戦の話で、主人公はヨーク家の三男。他の兄弟と違う黒髪と両性具有の身体ゆえ母にとことん疎まれ自分を見てくれる相手、特に父にかなり傾倒してるみたい。美麗な絵柄による劇作のアレンジを加えた歴史ドラマは読み応えがある。予備知識がなくとももちろん楽しめる構成なのだが、あればより楽しめると思う。複数巻。★★★☆☆


2014-6
はぐみの庭 (コミックアヴァルス)
不二森千花
はぐみの庭・雨の日クローバー・隠恋慕を収録した恋愛短編集。表題作は人当たりの良い男子と無愛想な女子が園芸部の庭をきっかけに親しくなる話。といっても以前に二人は出会っていて女子は男子を気になってはいたという背景があるが。雨の日クローバーはこどもっぽいと言われがちな女子中学生がバス亭で出会った男子高校生に淡い恋心を抱く話、隠恋慕は、参拝者の少ない寂れた神社の神と神社に通っては願いを唱える人間の少女の話。恋愛モノだが両思いになったなど明確な描写はなく爽やかな雰囲気でゆるやかに物語が閉じる構成。ヒロインの笑顔など表情の描写が好ましい。★★☆☆☆



2013-12
ラストノーツ(1) (フラワーコミックス)
桜小路かのこ
不遇だった少女は、亡き祖父の縁から、死者に会える「反魂香」を扱う二人の青年の店に身を寄せることになる。北の雪国で母親の所業から村八分を受けていたヒロインは、東南アジアで死亡した祖父の遺言で香木を扱う青年ふたりと出会う。反魂香を巡るドラマが主題かな。初巻では恋愛要素はほぼなくどちらかというと疑似家族ものに近い内容。不遇なヒロインの拠り所が青年達のところに固まるところかな。恋愛要素はある・・のか?花ゆめ系でわりと見る展開に近い。反魂香というファンタジー要素はあるがドラマはリアルで続きが気になる作品。周囲の大人のふるまいが世知辛いなあ・・。複数巻。★★★☆☆

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック