読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
人間でした他短文感想
2017年09月04日 (月) | 編集 |
2016-6
都会のトム&ソーヤ(1) (少年マガジンエッジコミックス)
はやみねかおる フクシマハルカ
平凡だが機転が利く元気印の中学生と天才的な頭脳を持つ御曹司。ある秘密と目的を持つ、気質が全く違う同級生凸凹コンビによる謎解き青春冒険譚。同名小説コミカライズ。原作はかなり人気のタイトルのよう。彼らの最大の目的はあるレアなゲームを見つけること?で、その手がかりを探す中で、殺伐としていない事件やトラブル解決をする、探偵冒険みたいな内容。コンビのキャラや得意分野の分担が上手くキャラ描写も面白い。時系列順でないので原作を知らないととっつきにくいかも知れないがすぐに馴染む。複数巻。★★☆☆☆



2014-6
人間でした
百雷 きこのみ
臓器移植ならぬ魂の移植技術が存在する世界。魂を脳死(のような魂が抜けた)別の人間に移植することも、魂を一旦別媒体に移植し元の肉体に戻すといったことも可能という設定。ヒロインはひょんなことで同校のサッカー少年と出会う。その後その少年が練習中に倒れ、治療のため一時的に少年の魂はハムスターに移植され、ヒロインがハムスターの少年と暮らすことになる。状況的には漫画ではわりと見られるがそれに至る過程とSF設定が秀逸。背景はSFだが主題は思春期の男子と女子の甘酸っぱい青春モノそのもの。夏のとある一週間くらいの物語、というところがさらに青春モノとしてよく出来ているなあと。切なくなる舞台設定も含め物語として骨組みがしっかりしているし少年少女の心理描写も読み応えがある。同じ世界観での続シリーズ有り。




2016-09
終末のハーレム 1 (ジャンプコミックス)
LINK 宵野コタロー
難病のため有効な薬が出来るまでコールドスリープした医療研究者の青年が数年後開発された特効薬で完治し目覚めるも世界は一変していた。あるウィルスのため男性がほぼ死滅、主人公を含めわずかに生き残った男性は大多数の女性の種付けを求められる。表題の通り人類末世のハーレム状態というわけ。主人公は男性致死のウィルスに抗体があり人工授精で生まれた男子は生存できないため性行為を求められるわけだが主人公はそれを拒否、ウィルスの特効薬を作り出す道を選ぶ。整合性のあるSF設定を下敷きにしたエロスとサスペンスもの。冬眠前に告白した片思いの女性がいるが現在その女性は行方不明、主人公と同様の生存男性は主人公と正反対に特権を謳歌という要素を組み込む。レーベル的に主人公が励む展開はアレなのだと思うがエロス担当を別にしたことで物語に没頭できる構成。グラマラスな女体の見栄えが良い絵柄。複数巻。



2015/4
強制ハーレム契約 1
望月 あづみ
予知夢能力を持つ男子高校生が主人公。夢の内容はいつも日常の些細な出来事ばかりだったのだがある日姉の運転で学園内アイドル5人が死亡する夢を見る。彼女らの死を回避するためにアイドル5人を自分が口説き落とし旅行に行かせないようにする方法をとる。ってところで題名に繋がるみたい。学園ラブコメものかと思ったらミステリ色が濃い内容。題名と内容のイメージの乖離、話の組み立てに稚拙さを感じる。主人公のキャラが真剣だけど間抜けってのが見所?にしても登場人物すべてに魅力が感じられず;自分の頭が悪いからか何度読んでもわけがわからず途中で投げ出したくなる話だった。雑味の多い絵で好みでなかったのも要因かも;複数巻。



2014/9
BOOSKA+ ブースカプラス1(ヒーローズコミックス)
JIMMY 金巻ともこ naopu@FOOM とくたけきょうこ
円谷特撮作品ブースカの後日談的内容。20年後くらいに戻るとされたブースカは70年後くらいに帰ってきたが、当時懇意の男子は老成し死去、男子の孫とブースカとチャメゴンの共同生活が始まる。大らかなかの時代だと大丈夫だったけど、今は人の形になってないと弊害が起きやすいってのには、物語の上とはいえ時の流れを感じる。現代に合わせた設定をとりつつ往年の雰囲気を醸し出すシチュエーション多数。原作特撮は見てないので感慨は薄いが少年特撮系青春ものの秀作といえる。絵は上手い。複数巻。



2012-9
ノゾ×キミ(1) (少年サンデーコミックス)
本名ワコウ
覗きを咎めようとしたら女子更衣室に閉じ込められミイラ取りがミイラになる崖っぷち状況に追い散る男子高校生。だが男子を見つけた女子は何も言わず窮地を脱する・・かと思いきや件の女子は同じマンションの住人で、彼女は自分見せ合いっこを提案し主人公は彼女に翻弄される・・というちょいエロもの。基本初心だが健全な男子を主人公に据え消極的な男子が誘われるシチュエーションを堪能する作品のよう。若干フェチっぽいがそこが良いのだろう。既作品ノ・ゾ・キ・ア・ナのスピンアウト作品らしい。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック