読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
コミカライズ短文感想
2017年09月07日 (木) | 編集 |
2015-03
魔法科高校の劣等生 よんこま編(1) (電撃コミックスNEXT)
佐島 勤 石田 可奈
魔法科高校の劣等生の4コマパロディ漫画。デフォルメした絵柄で4コマ向き、構図も単調ではなくかつ読みやすい。表紙絵よりも本文の絵の方が魅力を感じる。キャラの表情も豊かで楽しい。パロディらしい、原作にはないテンションの高さとコミカルさが良い。パロディ4コマ作品の中では良質のタイトル。ある程度は原作の予備知識があったほうが良いタイプの内容だが原作の登場人物のキャラとは別物のキャラ描写。複数巻。★★☆☆☆



2012/3
トワノクオン(1) (角川コミックス・エース)
BONES 根元 歳三
肉体の形も変化する超常能力を有する人間が存在し、その人間達を狩る組織と護り保護する組織がある世界観。主人公クオンをはじめとした面々は保護する側で、家庭環境が複雑で能力に目覚めていない少年が主人公と出会うところから始まる構成。アニメ映画が原作のコミカライズかな。シリアスかつハード、バトルアクションが目立つ。原作が未読なのでなんとも言えないが物語自体は王道かな~。原作補填タイプのコミカライズっぽくはある。複数巻。



2014-3
棺姫のチャイカっか (角川コミックス・エース)
榊 一郎 なまにくATK(ニトロプラス) かにかま
アニメ化もされたファンタジーラノベ・棺姫のチャイカの4コマパロディ。主要人物によるドタバタのんびりな日常コメディといったところか。原作準拠の貧乏ネタから日本文化ネタまでなんでもあり。可愛いんだけどのっぺりした絵柄だしネタも似たようなかんじで原作愛がないと途中で飽きてくる。それにしても連載期間が長かったのか作者の性分か、絵柄と画力がバラバラすぎる。時間と共に上手くなっているようなそうでないような・・。わけがわからぬ・・。



2014-5
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 The Animation(1) (角川コミックス・エース)
鳳乃 一真 赤りんご
原作はラノベだが題名から察するにアニメ版のコミカライズのよう。アニメしか見てないけど原作とは展開が違うのかな。さアニメ視聴から読了したがほぼアニメの展開をトレースした内容。絵は抜群に綺麗で上手い。今まで読んだコミカライズの中でも上位の気がする。内容は、天才女子高生が自ら探り当てた財宝を元手に作られた島が舞台で、感動された男子が島での住処は、件の女子高生の幽霊が棲み着く部屋だったという話。女子高生が生前掘り当て埋蔵金とされる特殊な遺物と女子高生が誰に殺されたかという謎が軸となるアドベンチャーもの。複数巻。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック