読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
モンスター娘のいる日常 オカヤド
2017年09月13日 (水) | 編集 |


一人暮らしの青年はひょんなことからラミアなど人外女子たちと同居することになるファンタジー同居ラブコメ。
亜人種、半人半獣の幻獣のような種が存在する現在社会が舞台。亜人種の存在が認められて日が浅く彼らとの交流は始まったばかりという状況なので、亜人種が人間社会の留学はホストファミリーの家で同居生活を送るという仕組みがある模様。
そんな中、主人公である一人暮らしの青年があrアクシデントでホストに選ばれ、可愛らしい半人半蛇ラミアの女子と同居することになる、というはじまり。
後々その女子だけでなく、ハーピーやケンタウロスの女子とも同居する展開になる。つまるところ様々な人外女子と一つ屋根の下、主人公モテモテのハーレム同居ドタバタラブコメな内容。構成はありがちだが、ヒロインたちが人外故に個々の特性からくるトラブルやドラマなどが展開されていく模様。シリアスと受難コメディと健康的なお色気・萌え展開。ハーレムものとして王道っちゃ王道だが、ヒロイン達の快活なキャラが魅力的で読み応えがあるし主人公の誠実さも好み。
この本あたりからリュウは人外ものがカラーなんだなあと気付いたので、個人的に感慨深い作品であったりする。

オカヤド
リュウコミックス / 徳間書店
ジャンル:青年・ラブコメ・ファンタジー / 好み度:★★★☆☆
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック