読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
犬神姫にくちづけ 宮田紘次
2017年09月13日 (水) | 編集 |


魔物退治を業務とする部署に勤務が決まった女性が主人公。彼女は犬神を憑依させることにより退魔能力が発揮されるのだがその鍵は霊媒師の課長とのキスだった。退魔のお仕事+ドタバタラブコメストーリー。

オカルトな存在がある世界観。ある部署の部署に配属された新人女性。いわゆるドジ娘・押しの弱いM系。部署の業務は、魔物退治という荒仕事。ヒロインは当人では無力に近いが、上司である課長と口づけを交わすことにより犬神を憑依させ退魔能力が発揮されるという設定。
上司の青年は人の都合を考慮しない強引な、S系キャラなのだが、なんのかんのとヒロインは彼に惹かれてはいる。だがキスという初心なヒロインにとってはデリケートな行為が、仕事上の上だけで行われることにジレンマを感じるというのがラブコメ方面の軸。
退魔業務のエピソードと仕事環境のエピソードとヒロインの恋愛事情が展開されるオカルトアクションと社会人お仕事ものを合わせた内容のよう。ヒロインが犬神を憑けるということでわんこ属性・疑似主従ネタが見所なのだろう。
物語的にも登場人物の関係においても勢いがある構成が秀逸。好みはあろうが登場人物のキャラの活力は高い。

宮田紘次
ビームコミックスハルタ / エンターブレイン
ジャンル:青年・オカルト・コメディ / 好み度:★★★☆☆
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック