FC2ブログ
読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
番線 ~本にまつわるエトセトラ~ / 久世番子
2009年12月28日 (月) | 編集 |
番線―本にまつわるエトセトラ (UNPOCO ESSAY COMICS)
番線―本にまつわるエトセトラ (UNPOCO ESSAY COMICS)


写植、校正、本棚といった本に関する事柄をテーマにしたエッセイ&ルポ漫画。
暴れん坊本屋さんは本屋さんと本に関する内容でしたがこちらは本に関する全般。誰もが経験がありそうな身近なネタから、一般ではちょっと縁が薄そうな事柄、国会図書館や写植など本に関係の深い職業の話まで実にさまざま。
ちなみにネタになった話題は、本の貸借、雑誌掲載時等のあおり文章、個々人の購読雑誌歴、装丁、本棚(本の整理法)、写植、教科書、本の修復、国会図書館、校正、辞書、その他もろもろ。
本が好きという人に少なからず共感を覚えるのはやはり本棚の話しかねえ・・ふう。あと国会図書館の話は実に興味深かったです。一度はいってみたいところのひとつ。しかし数年後には・・とはどんだけ出版されてるんだ・・。本の修理の話は他の美術品と同じようなかんじなんだなあと思ったり。手間かかりますね;やっぱ。
どのエピソードも簡潔でわかりやすく、著者らしいテンションの高さもあいまって楽しく読めます。個人的には知らなかったことも多く有意義なタイトルでした。

<くぜばんこ>久世番子
ウンポコエッセイコミックス全1巻 / 新書館
ジャンル:エッセイ / 好み度:★★★★★
関連記事
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック