読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
DSアドベンチャーゲーム2本感想
2010年04月11日 (日) | 編集 |
西村京太郎サスペンス2 新探偵シリーズ 金沢・函館・極寒の峡谷 復讐の影西村京太郎サスペンス2 新探偵シリーズ 金沢・函館・極寒の峡谷 復讐の影
(2008/11/13)
Nintendo DS

商品詳細を見る

ミステリ作家西村京太郎原案・監修のサスペンスアドベンチャー。新(あらた)という探偵の青年が事件を解く本編3話とショートミステリー集100問が入った内容。山村さんのシリーズと同じく、著者の分身であるデフォルメ伽羅が本編の幕間に登場します。個人的に西村氏のキャラは愛嬌があって好きだなあ。
ゲームシステムはDSの機能を十分活かしており、現場検証や証拠復元など割と凝ったつくりです。ショートミステリーのほうも数が多いのもありますが、システムが3種くらいあってけっこう楽しめました。アドベンチャーというよりパズル要素のほうが濃いのかな。
本編の推理ミステリの内容はいたってスタンダード。悪くはないのですがすぐに犯人がわかってしまうパターンですね。っていうかサスペンスと強調しているから推理というより人間模様の描写重視なのかも。
個人的には本編はちょっと物足りなかったけどショートミステリでモトがとれたという感じのソフトでした。
テクモ・推理アドベンチャー・ハマリ度:★★★☆☆

赤川次郎ミステリー 月の光 -沈める鐘の殺人-赤川次郎ミステリー 月の光 -沈める鐘の殺人-
(2008/11/06)
Nintendo DS

商品詳細を見る

赤川次郎原作。新任教師である主人公が女子高で発生する事件に巻き込まれるというストーリーで、マルチエンディング・分岐ありの推理サウンドノベル。背景や雰囲気や音楽がけっこうドラマチックなのが特徴です。
主人公の性別が選べ、人物相関図やしおり機能も充実しています。読みやすい文章なので文字を読むのが苦手な人でもするっと入れると思います。分岐はけっこうややこしくちょっとコンプに時間がかかりましたがそれだけ楽しめたということで。小説形式のアドベンチャーはやっぱりDSという媒体だとプレイしやすいですね。
原作小説は読んだことがないのですが、既読の人にはどうなんだろう?
マーべラスエンターテインメント・推理アドベンチャー・ハマリ度:★★★☆☆
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック