読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年1月以降発行タイトル対象。
感想はブログにある記事以外にも、タイトル・作者順の目次のある本舎の漫画感想にも多数あります
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
coda[コーダ] / 壱村仁
2011年01月26日 (水) | 編集 |
coda(1) (アヴァルスコミックス)coda(1) (アヴァルスコミックス)
(2011/01/15)
壱村仁

商品詳細を見る


日舞の名家の息子で舞踏科日舞専攻に所属する国定春一。日舞を専攻しつつもクラッシックバレエに興味を持つ彼は、ひょんなことから短期留学でやってきた有名なバレエダンサーの少年のパートナーになることに。

舞台は芸術系進学校。美術・服飾・舞踏の3つの科に別れ各々に専攻が組まれている。主人公の少年国定春一は日舞の名家の息子なので学校の専攻も舞踏科日舞専攻。しかし実はバレエに興味があり幼幼馴染の少女のバレエ教室に顔を出しているほど。そんな中舞踏科に有名なバレエダンサーの少年が短期留学をしてきた。そして主人公はそのバレエ王子に一人でバレエの女性パートを踊っているところを目撃され王子のパートナーに指名される。
主人公は男の子だけど女性パートナーとして、ということで女装することになるという展開に。
今多く出ているいわゆる男の娘な話ですが、女装好きとかいじる要素としてではなく、あくまで手段としての女装。
主人公が女性パートしか踊れない理由、日舞の家の人間という設定、女装をそれなりに完璧にするためのキャラの設定など整合性が高くて上手いなあと。
バレエ漫画というより学園ドラマコメディ色のほうが強いかな。基本的にコメディですがその中にもきっちりドラマを組み込んだ構成。キャラがたっており構成もきちんとしているのでとても読みやすく楽しめる内容で、軽快なテンションとキャラのやりとりが魅力。

<いちむらひとし>壱村仁
MGCアヴァルスシリーズ1~ / マッグガーデン
ジャンル:少女・学園 / 好み度:★★★★☆
関連記事
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。