読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
アキタランド・ゴシック 器械
2017年08月06日 (日) | 編集 |


そこは日照時間の少なさと対照的に変わった県民が生活する北国のとある県。角の生えた女子アキタとその友人2人を中心に可愛くもかしましく、すこしふしぎな日常を描くゴシックコメディ4コマ。
とある北国の県が舞台、とあるがその風景は魔境に近い。確かに日照時間が少ないし(冬は)寒いけども。
そして主人公の一人の女子は悪魔のような角を持つ。全体的なデザインはゴシックホラーっぽいのだがその作風はほのぼのほんわか。最初の話はその角が虫食い・・虫歯の角版のような病気になり苦しむ主人公の話から始まるほどで。
屈託なく無邪気、子供の理屈っぽさと思いついたら行動・・というアクティブな少女らしいやりとりが展開される。たまに読み手からするとちょっとブラックなオチもあったりするけども(笑)
ファンタジーな設定だがあまりそれに触れず少女特有の愛らしさと活気を前面に出した出来事描きつづけたまにダークを匂わせることもあるオチもあるという絶妙さ。著者は業界ではわりと有名っぽい。確かに世界観のさりげないオリジナリティはすごいし、読ませる構成は見事。あとちょこちょこと退屈させない仕掛けがあるのも良い。なんか地味に推したい漫画というかんじだった。

器械
まんがタイムKRコミックス全2巻 / 芳文社
ジャンル:4コマ・ファンタジー / 好み度:★★★★★
きみの家族 サメマチオ
2017年08月06日 (日) | 編集 |


どこにでも在る両親と姉と弟の4人家族と周辺の歳時記を綴るオムニバス。
父・母・姉・弟で構成されるごく普通の4人家族の、各々の行事や出来事や思い出のエピソードを1編ずつ語る形式。
物語の現在は、姉の結婚が決まりその準備がそれなりに進んでいる模様。題名はおそらく姉の婚約者の視点なのだろう。
結婚して相手の家に入ったときのカルチャーショック?事項の1つ、お雑煮の具の話からはじまる。地域の違いはいうに及ばず同地域でも出身が違うと変わるんだよなあ・・あるあるある。
娘の婚約に際し、両親夫婦の思い出というかエピソードがあったり、弟の受験と進路の話だったり、旦那になる人の家庭のファーストコンタクトの出来事だったりと、人生の節目のイベントがほんわかとゆっくりと描かれていく。
結婚という目出度いイベントを控えた幸せな雰囲気が微笑ましい。しかし姉は美人だけどちょっとおばちゃん入ってません?そこが愛おしいんだけど。あと旦那側の遺伝子ネタはとっても笑えました。話としてはお母さんの回想話が好き。

サメマチオ
芳文社コミックス全1巻 / 芳文社
ジャンル:青年・ドラマ / 好み度:★★★★★
よこしまゼミナール 松田円
2017年08月06日 (日) | 編集 |


いろんな意味で個性的な講師たちがいる予備校を舞台にした4コマコメディ。
名前が下ネタっぽいが単なる名前をひらがなにしただけ。経営側、というか講師たちと事務担当側が主体。
白衣がトレードマークのお色気担当(?)の女性講師、成人だが童顔の制服マニアの男性講師、未成年だが飛び級で講師が出来る実力があるボディガード付のお嬢様講師。あとツッコミ役の事務女性と受難タイプのバイト男子と、本店(本社)から来る非常勤の生真面目だがめんどくさい男性講師もいるか。
著者の作るキャラクター設定はあいかわらず上手い。特にメインたる女性講師と男性講師の作り込みが特に。良くも悪くもエゴが強く己の利益のために狡猾に立ち回るタイプだが、わりとWINWINでオチるってとこがミソ。童顔の男性講師は、童顔をコンプレックスにせず趣味と実益を兼ねて利用する、女性講師もわりとしかり。一見ゲスいようでなんか憎めないキャラの動かし方が絶妙。
他のキャラも設定した要素を余すところなく4コマエピソードの軸にしている。
またネタが尽きてメインの舞台設定から逸脱することなく、コンスタントに予備校ならではのエピソードが続いていくところも良い。

<まつだまどか>松田円
バンブーコミックス4コマセレクション全2巻 / 竹書房
ジャンル:4コマ・コメディ / 好み度:★★★★★
どんぶり委員長 市川ヒロシ
2017年07月28日 (金) | 編集 |


料理が手慣れている男子は、あるきっかけから生真面目な委員長女子に呼びつけられ丼料理を作らされる羽目になる。丼に特化した学園グルメコメディ。
ヒロインはしつけが、特に食事作法が厳しくB級グルメ的なものは食べたことがない生真面目な委員長。学校での調理実習の際、料理を作り慣れている男子が課題を無視してちゃっちゃと親子丼を作りさっさと食べてしまった出来事がおこる。
当初は下品な食べ物と敬遠していたがそのときの親子丼がとてもおいしそうで忘れられず、自分で作ってみても上手く行かず、仕方がないので件の男子に作ってもらうように頼む、というはじまり。
まあお願いするというよりツン?な上から目線な頼み方に一度は断るも、ヒロインの勢いに押されなんのかんのと作ってしまう男子、という構図ができあがる。
定番から変わり丼まで様々な丼料理が披露され、幕間にはレシピも載っている。丼というのもあるのだろうがどれもわりと手軽に作れるものばかりで、料理本としても使える内容ではなかろうか。物語のほうは、お嬢様気質ぽい委員長にツッコミつつもなんのかんのとつきあっている人の良い男子の関係はちょっとほのぼのする。委員長のグルメレポートっぷりはいい意味で滑稽でけっこう的を射た表現だと感じた。

市川ヒロシ
アクションコミックス / 双葉社
ジャンル:青年・グルメ・学園 / 好み度:★★★★★
でこぼこガーリッシュ 原鮎美
2017年07月27日 (木) | 編集 |


高い身長と美形で男前なルックスと身なりで男性と勘違いされやすい織子、小学生並の身長と体型と可愛い風貌で成人に見られないナッツン。親友同士の二人の女子大生を中心に描かれるキャンパス4コマコメディ。
織子とナッツンのよくある日常やらやりとりやらを軽快に描いた内容。ふたりはとても仲が良く、ボケツッコミとか掛け合いや喧嘩っぽいやりとりもあるが気負いしない良き関係だなと感じる。
織子が男子に間違われやすいのはその服装や髪型もあるのだが、男装の麗人気質でもなく本来はごく普通の女性の感性を持っている。過干渉気味の双子の兄たちが悪い虫がつかないように男装しろと言いそれに従っているうちに染みついてしまったというかんじ。男装で目立たないが実はナイスバディ、服装次第でフェミニンに変貌するというのがミソ。
ナッツンのほうは成長が・・止まったまんま年を重ねておりそれはそれで愛らしいのだが大人の女性になりたいと望んでいるかんじ。
彼女らのキャンパスライフや、彼女らが所属する古典芸能研究会の個性的な面々も登場しなんのかのと幅の広いコメディが描かれていく。4コマという形式だからというのもあるが、あるあるな身近に感じる会話や出来事を漫画的にいい感じに誇張して楽しめる構成になっている印象。気軽に読めて素で面白い。毎話冒頭にある二人のツーショットカット絵もなんか好き。

原鮎美
ビームコミックス全3巻 / エンターブレイン
ジャンル:青年・4コマ / 好み度:★★★★★
ハルロック 西餅
2017年07月25日 (火) | 編集 |


電子工作に魅了されている女子大生は、ちょっとした問題を様々な工作で解決?していく電子工作コメディ。

電子工作大好きな女子大生によるキャンパスコメディ・・でいいのかな。主題はあくまで電子工作なのだが、人物相関がナナメのゆるっとしたコメディというかんじ。
幼少時は分解魔だった主人公は、高校生のときの余り物選択で選んだ部活の顧問の影響で電子工作に目覚める。大学になるとパーツを買い、なにかしら自作するようになり、そこで技術が自分よりある小学生男子と出会い師匠と崇める。
女子らしい女子に育って欲しい、娘と楽しい買い物がしたいなどの望みを持つ母親、どこか達観した聡明な男子小学生、イケメンで成績優秀だが幼馴染みの主人公が好きで彼女の好きな世界に近づきたいと不得意分野の学校に入ったストーカーが入っている男子などが織りなすやりとりが見所。
どの人物も個性が強めなんだけどどこか茫洋というかほどよい脱力感があるノリがツボ。主人公は電子工作は好きだし工作歴も短くはないが、極めたマニアというほどでもなくめちゃくちゃ巧いとかその道の天才というわけではない。小学生を師匠を仰ぐくらいだし。なので彼女が作る物は唸るようなものではないし、そのためか物語において素人置いてけぼりのマニアックな展開が少ないところも良い。やっぱりどの題材でも著者のキャラや会話劇は面白いなあ。

西餅
モーニングKC全4巻 / 講談社
ジャンル:青年・コメディ / 好み度:★★★★★
人類は衰退しました のんびりした報告
2017年07月21日 (金) | 編集 |


同名ラノベコミカライズ。といっても原作の世界観・登場人物を使ったアナザーストーリー的な内容。いやストーリー・・・はあるにはあるが、あの作品の世界観での登場人物のある日常を切り取ったようなショートストーリー集。
主人公のキャラデザは違うし本編にあるようなてんやわんやなこびとさん関連の事件もなく、地味にまったりとしたエピソードばかりで構成されている。
人類の緩やかな衰退とともに新人類たる小人さんがいる世界。世界全体がのんびりとした田舎という風情のまったりした世界。一見牧歌的だが端々に見せる旧文明の残骸が寂寥感というか退廃感を匂わせている。といっても原作と同じく決して昏くはない、ぽかぽか日向の縁側で茶をすする老人のようなまったりな雰囲気なのだが。
ストーリーとしては原作のほうが読み応えがあるのだが、作画といい作風といい作品の舞台設定にぴったりなのはこちらだなあと思ってしまう作品だった。紙の本では表紙が凝っている。


原作:田中ロミオ 漫画:見富拓哉
イッキコミックス全1巻 / 小学館
ジャンル:青年・コメディ / 好み度:★★★★★
ちょっと不思議な小宇宙 小田扉
2017年07月21日 (金) | 編集 |


独特の理論展開や創作ゲームで友人と楽しませる?女子、地球にじんわりと馴染むいかにもな宇宙人、マイペースおじいさんやある勤労男子の日常など、シュールですこし不思議な面々をほんわかまったりと描くショートショートギャグコメディ。
ちょっとナナメ角度で描くシュールというかショートショートっぽい短編集。平凡な日常の中で非日常な要素を目の端に捉えて二度見してしまうような感覚を味わえるタイトル。
突然!!まりちゃんシリーズは、いろんな事象を擬人化した絵でクイズにしたり思いついた疑問を唐突に切り出したりと、脈絡もなくいろんなことを始める女子まりちゃんとそれを喜んで受け入れつきあう女友達のやりとり。SFショートショートなオチがあったり、説得力があるようでハチャメチャな理論展開などが楽しめる。
トップオブザワールドは、いかにも鬼な風貌の男性の自分捜し的な半生っぽい話。
青シリーズは、なんとなくいつの間にか雑な擬態で人間社会に入った碧い色の宇宙人たちと人間達のSFチックだったり人情ものだったり、医者と患者のシュールコメディだったりなシリーズ。
夫婦ゲームは、ゲーマーの老夫婦の会話。レトロゲームあるあるなネタがいっぱい。
後は、ある青春・エアロ不良・スマホっ子・何系男子?・十徳鼻などが収録されている。
どの短編も妙に淡々としたノリで、かといって意外性だけを強調しておらずなんとなく主題がある構成なのがまた味わい深い。こういう作風は大好物。一言で述べるなら「よくできているお話」

小田扉
アクションコミックス全1巻 / 双葉社
ジャンル:青年・SF・コメディ / 好み度:★★★★★