読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
プニちゃん テクノサマタ
2017年08月12日 (土) | 編集 |


一人っ子の鍵っ子の小学生男子のところにふしぎな生きたクッションプニちゃんがやってきた。ゆうくんとプニちゃんのほわほわな日常を描いた4コマ漫画。

引っ越し・両親共稼ぎにより、ひとりっこの小学生男子・ゆうくんは鍵っ子になり新しいお友達もまだ出来ずじまい。家に帰ってもだれもおらず遊ぶ友達もいないちょっと寂しい主人公。そんな折、家のクッションが可愛い鳴き声を出す不思議な生き物になりゆうくんの前に現れる。
とにかくどこまでも可愛くほわっとした気持ちになる絵と内容。ファンタジーな生き物が寂しいこどもの前に現れ癒やされるというパターンはあるが無機物が生き物に変化という設定は新しいかも。
ちなみにおとうさんもおかあさんも子煩悩で息子の言動すべてが愛しく心根も優しい。両親と主人公のプ二ちゃんのやりとりはほんと微笑ましい。そしてプ二ちゃんの存在がきっかけて勝気でませてるけど良い子なツインテール女子や面倒見のよい男子などおともだちも増えてくる。
ただただ可愛いだけでなく、ちょっとしたドラマっぽいというかハラハラする展開もあり。でもゆるふわ。このハラハラ感は、こどものはじめてのおつかいを見守る大人の心情にさも似たり。
繊細な筆致とファンタジックな絵柄で主題によく合っている。疲れたときとかゆったりした気持ちになりたいときに読みたい作品。あとがき漫画もなんか印象に残る。

テクノサマタ
ウィングスコミックス2巻 /新書館
ジャンル:4コマ・ファンタジー / 好み度:★★★☆☆
パラダイスパイレーツ 山口美由紀
2017年08月08日 (火) | 編集 |


あるなりゆきでメイドのパールが乗った船は、魔法使いが製造した海上の楽園と呼ばれる船だった。マリンファンタジーコメディドラマ。

主人公の女性は結婚式直前に逃亡し気が付けば船の上にいた。その船は海上の楽園という名前。魔法使いが製造し海に縁のある訳ありの人間が乗れる船だという。実は主人公はある屋敷のメイドで、お世話するお嬢様が結婚式を拒否したので代役をかってでたという。その経緯が納得できるような、明るく人当たりのよく世話焼きで働き者という快活な気質の主人公。船の中でもくるくると働き、船の中の紅一点として馴染んでいく。
船の中の様々な冒険や生活のエピソードを展開しつつ、話の要の1つであろう、主人公が兄を探すという目的も出てくる。明るいコメディ+じんとくる前向きなドラマ。著者の話は久々に読むがのやはり秀逸だなと感じた。

山口美由紀
花とゆめコミックス / 白泉社
ジャンル:女性・ドラマ /好み度:★★★★☆
仏像のまち 蒼木雅彦
2017年07月19日 (水) | 編集 |


天才的な仏師だった亡き父の影響で仏像の中の魂と会話できる男子高校生の元には、様々な仏像たちが頻繁にやってくるのだった。
主人公の男子高校生は、今は亡き仏師の父が掘った仏像たちに囲まれていたせいか、仏像としゃべることができる、という設定。正確には仏像の中の魂というか意識というか。父親も仏像と意思疎通ができていてあらゆる仏像たちと懇意だったのだが亡くなってさみしいので主人公のもとにやってきた、というはじまりの4コマコメディ。
仏そのものではなく、人が仏の姿を模して掘った像に宿った魂だからなのか、仏像たちのキャラはフリーダムというか俗物というか・・なかんじ。モデルの仏の特性は持ち合わせているようで、その特性を突き抜けた個性に変えているといえばいいのかな。
そんなぶっちゃけ騒々しい仏像様たちに囲まれ振り回される主人公。主人公は父の仕事ぷりが反面教師?になり堅実な道に進むため勉強に勤しみたいのだが仏像たちの茶茶入れで集中できないという構図が出来ている。
仏像になじみがある人には常識だけどなじみがない人のための仏像(というか仏様の種類というか分類というか)の蘊蓄がちゃんとあるところが個人的に良。
4コマ形式にすると若干ごちゃついた画面なのが気になるが(仏像の造形ってわりと細かいしね・・)読みにくくはない。テンションが高く一見無法地帯のようだが物語としての起承転結もきっちりされており質が高いと感じた。
他作品を引き合いに出すのはアレだが聖おにいさんが好きな人には楽しめるかと。

蒼木雅彦
コミックジーン全4巻 / メディアファクトリー
ジャンル:4コマ・コメディ / 好み度:★★★★☆
ぼくらのフンカ祭 真造圭伍
2017年07月17日 (月) | 編集 |


近くの山が噴火したことにより変貌をとげ温泉町となった田舎町。そこに住む少年の視点から描かれる日常と青春の物語。

噴火の火山灰で閑散とし、温泉が出て浸水するという打撃の後、温泉と噴火を目玉とした賑わいを見せるようになる。そんな町に住む男子学生の主人公は温泉が出た直後、大人たちは呆然とするも温泉に浸かってみる人間だが同年代にはクールでモテるタイプらしい。観光地の賑いを見せる現在より昔の静かな環境のほうが好ましかったのでちょっと複雑な心情のよう。
自分の案が採用され周囲がよりよい方向に向かうも元々やる気満々というわけでないし素直に喜べもしない、茫洋としたというかもやもやしたものを抱えてるという、ちょっとめんどくさいキャラでもあったのだが、自分たちの祭りを行うことでわーっと弾けるような活発な心情に劇的に変わる展開。
クールというかちょっと一歩引いて環境を見る性格の主人公に対し、友人は少年らしいというか欲に忠実で直球な性格。たとえばモテる主人公の側に居れば女子と近づける機会もあるんじゃ、と思ったりするタイプ。この二人の気質の対比は視点の対比でもあり物語の深みを増す要素となっているかんじ。
絵柄がアートっぽい独特さも味があって良いし、当初は読みにくそうかなと思ったけど全く杞憂だった。

真造圭伍
ビッグコミックススペシャル全1巻 / 小学館
ジャンル:青年・青春 / 好み度:★★★☆☆
日々蝶々 森下suu
2017年07月16日 (日) | 編集 |


すれ違うだけで周囲が振り返る美少女・すいれん。その一挙手一投足が男女ともに注目を集める環境ゆえか無口・無表情が多くなってしまった彼女は、高校生になり、あるひとりの男子が気になり始める。
周囲の人間に注目されてしまう美少女の主人公。高校でついたあだ名は高嶺の花から高嶺ちゃん。とにかく穏やかに過ごしたいと願う彼女なのだが、入学時に見かけた男子が気になってくる。それは恋心の始まりなのだろうが当の本人は自覚なし。主人公には家族ぐるみでつきあいのある親友の女子と、高校で新たに出来た友人の女子がいるのだが、その二人が、主人公がその男子に恋をしていると感じ後押しをする、また男子に猛アタックするリア充系女子も現れる、という展開かな。
動かぬ華と蜜を求め飛ぶ蝶、の対比の比喩が題名になっている模様。1巻は主人公と男子が、ふとした接点があったときやちょっとした会話があったときのふたりの所作というか少女漫画らしい淡い恋のはじまりみたいな雰囲気が印象的。
トントンと話を進めるでなく、会話が頻繁でななく透明感のある状況描写、主人公のモノローグがうるさくないのが特徴か。感情の起伏の乏しい主人公がゆっくりと感情を育てていくみたいなかんじ。相手の男子も見た目けっこう美男子だけど初々しい気質のようだし、どう展開していくのか楽しみを感じる作品だった。
恋愛一本でもなく女子の友情みたいなものも描かれていきそう?それにしても主人公の幼馴染みの女子はええ娘や・・と思うのだが立ち位置に変化がないといいな。

森下suu
マーガレットコミックス / 集英社
ジャンル:少女・青春 / 好み度:★★★☆☆
ひなたま 岩城そよご
2017年07月14日 (金) | 編集 |


九州の片田舎。己の現在の平凡ぶりを痛感する地元男子と都会から転校してきたおっとり男子。性反対の気質を持つ男子二人を中心に描かれる田舎暮らしのほのぼのスクールコメディ。
九州の田舎が舞台。幼少期は地域の子供らのリーダー的存在だったが今では身の程を知るというか平凡な一般人の自分を痛感している主人公男子。そんな中、都会から男子が一人転校してくる。見るからにイケメン、容姿は派手で、主人公は自分との違いを見せつけられるも、実は超天然のおっとりさん、弟と妹の面倒でいっぱいいっぱいというところを見せられ、次第に仲良くなっていく、というはじまり。
生意気盛りの下の子らや性格の違う男子二人のやりとりなど微笑ましく、また思春期の淡い恋愛模様も用意されており、バランスのとれたエピソード選択だなと感じる。外見だけでは内面はわからない、視点は多彩で個人によって見方も変わるという人間関係においてのあるあるが主題なのかなあ。ただ漫然とスローライフを描くのではなく人間描写がさりげなく丁寧に描かれているところは好印象。

岩城そよご
アクションコミックス乙女ハイ! / 双葉社
ジャンル:青年・ドラマ / 好み度:★★★☆☆
不機嫌なモノノケ庵 ワザワキリ
2017年07月09日 (日) | 編集 |


人間の世界に迷い込んだ妖怪を元の世界へ返す物怪庵と関わることになった少年と庵の主の物語。
妖怪に取り憑かれた主人公の少年は、学校で妖怪払いスタッフ募集のチラシを見つけ藁をもつかむ思いで連絡する。四畳半の茶室には同じ学校の男子生徒がおり、彼が妖怪払いをするというのだが・・。
主人公の連絡先は茶室で、そこは人間の世界と妖怪の世界をつなぐ扉が作られる物怪庵という。庵の主人は同じ学校の男子で、主人公に憑いた妖怪の件が解決するとその報酬として庵の仕事の手伝いをすることになる、という展開。
主人公は元々霊の類が視える体質で仕事に使えるということらしい。また庵の主人は元々妖怪だが、人間の男子が行っているということか一日に扉を開けられる回数は限られているという設定。このあたりは後々のドラマの伏線だろう。
いわゆる退魔ものかと思ったが滅するのではなく迷い子を元の場所に戻すというかんじなので人間と妖怪のせつなかったりじんわりとくるようなドラマが展開されていく模様。
主人公は共存を望むタイプというか穏やかな性格というかで、より優しい道への解決を模索していくタイプに対し、庵の主人のほうはその立場上もあるがちょっと厳しめの気質という相対性も興味深い。困難を解決して優しい結末へというパターンが多く読後感は良い。

ワザワキリ
ガンガンコミックスオンライン / スクウェアエニックス
ジャンル:少年・ファンタジー / 好み度:★★★☆☆
不死の猟犬 八十八良
2017年07月09日 (日) | 編集 |


不死の人間が生きる現代社会。その不死が崩される病を巡るガンアクション罹患させ人から不死を奪う組織の一員の女性は、警察内部に職員として入り任務をこなす。生と死を巡るSFハードガンアクションストーリー。

舞台は現代社会。なのだがその世界では人間は、肉体を損壊され殺されても数秒後には肉体は修復し生き返る。元からではなく、かつて死ぬ生き物だったのだが現在は不死ということらしい。
物語の登場人物たちは犯罪者を追う刑事達。死んでも生き返るので銃を撃ちまくり一度殺して捕まえるというパターンらしく敵も味方もスプラッタな現場。一度死んでもケロリと生き返り軽口をたたくシーンはシュール。
だがそんな世界で、ある病に罹患した者は死んだら生き返らず、死ぬ人間となってしまうという異変が起こっており、メインキャラの無骨な男性刑事の妹がその病で死亡、同僚の年老いた刑事とチャラ系刑事と共に病をばらまく人物を捕まえようとする。
そして警察内には地味で無口で有能な女性職員がおり、彼女が物語の主人公でありヒロイン。病をばらまく組織に属し、警察内で情報を収集、捕まえようとする刑事たちの裏をかいて戦闘、犯人を逃がす役割を担っている。
そして彼女は組織の長から、事件を追う刑事を殺せと命令されるのだが・・という展開に。病の罹患ルートは、死なない人間が死ぬ人間を愛すること、という設定が興味深い。
現代社会が舞台設定なのに妙にSFな設定に違和感を覚えるが、後々どういうことかわかってくる。絵面は設定上なかなかにハード。「不死」の設定と謎と伏線は見事だしアクションもドラマも様々な演出も絶妙で目が離せない。作画もクオリティが高く、しっかりした線画と安定したデッサン力で見応えがある。グロ表現が苦手でなければおすすめ。

八十八良
ビームコミックスハルタ / エンターブレイン
ジャンル:青年・アクション・SF・ドラマ / 好み度:★★★★★