読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年1月以降発行タイトル対象。
感想はブログにある記事以外にも、タイトル・作者順の目次のある本舎の漫画感想にも多数あります
春山町サーバンツ 朝倉世界一
2017年06月18日 (日) | 編集 |


渋谷区春山町を舞台に区役所出張所の公務員になった女性を中心に描かれる町の人々の暮らしと悲喜こもごもをシュールに描いた物語。

舞台である東京都渋谷区春山町は渋谷の端ののどかな町。生まれたときから町で育ち、町内の区役所出張所の公務員として社会に出ることになった女性が主人公。
主人公は意気揚々と職場に赴くが彼女に割り当てられた仕事は、主張所が発行する町の情報誌の編集長だった。素人同然の主人公は新聞作成のために四苦八苦しながら町を巡る過程で、町の様子や住人の暮らしなどが綴られていく。主人公も地元の人間なので顔見知りは多くまた初対面でもなにかしら縁があるかんじで主人公と他者との衝突みたいなものは少なく穏やかに読める。
小説などの挿絵に合いそうなざっくりした絵柄に、牧歌的なようでシュールかつ世知辛くも切ない要素が多分に含まれた不思議な世界観。なんというか主人公を含め妥協とあきらめをそれなりにかみ砕いて生きてるみたいなキャラが多いような気がする。
主人公から見る住人の描写やその気質や状況にフォーカスする一方で主人公自身の状況も見えてくる。どうも主人公の父はそれなりに名の売れた小説家で三部作の最終シリーズが未発行のままになっているという設定が物語の大きな伏線となっている模様。
独特の作風、茫洋と展開させているようできっちりとした構成。知らず引き込まれる内容だった。

朝倉世界一
ビームコミックス / エンターブレイン
ジャンル:青年・ドラマ / 好み度:★★★★☆
一週間フレンズ。 葉月抹茶
2017年06月16日 (金) | 編集 |


クラスの誰とも話をしない女子が気になっていた男子は、あるきっかけから屋上で昼食を一緒にとるようになる。そして一週間後、男子は女子が他人と関わらないようにしていた理由を知ることになる。

クラスメイトの女子が気になる男子主人公。誰とも話をせずいつも一人でいる彼女に話しかけられないままだった主人公だが、あるきっかけから話す機会が出来る。彼女は主人公からやんわりと離れていこうとするもののちょっと強引に彼女と屋上で昼食をとるようになる。そして一週間後、主人公は彼女がひとりでいる理由を知る。その理由とは、彼女は一週間経つと親しい人間に関する記憶がすっぽり抜けてしまうというものだった。
ストマン形式と四コマ形式の混合構成なので、個人的にはものすごく読みやすかった。牧歌的な柔らかく温かい絵柄もあってせつなくもほっこりする雰囲気は絶妙。一週間である特定の条件の記憶が抜け落ちる、という設定はうまい。一週間たつとまた0からはじめる恋愛&人間模様、記憶が欠落する条件、ヒロインが短期記憶障害になった原因など、続けて読みたくなる要素が満載の良作だと感じる。

葉月抹茶
ガンガンコミックスJOKER  / スクウェアエニックス
ジャンル:少年・青春・ドラマ / 好み度:★★★★☆
朱黒の仁 槇えびし
2017年06月16日 (金) | 編集 |


戦国時代最強の武将を謳われる真田幸村、彼の息子と兄弟を描いた戦国絵巻。
冒頭は真田信之の視点だが、本筋であろう大坂の陣へ舞台が移り真田幸村視点で物語が展開されていく。幸村の生き様をメインとしているのだろうが、身内で敵味方に別れた真田一族のドラマを主軸としていくのかもしれない。
蟄居していた幸村が大阪城へ行き名を残すに至る彼の生き様が熱い。焦点をあてる人物によっては不可欠な滅びの美学みたいな熱くも格好良い人物描写が突出した内容。ある種の気怠げな雰囲気を持つ絵柄と描写が主題とあっており見応えがある。
※当初は角川から出ていたが朝日新聞出版から再発売された模様。

槇えびし
Nemuki+コミックス3巻 / 朝日新聞出版
ジャンル:女性・歴史・ドラマ / 好み度:★★★★☆
短文感想
2017年06月16日 (金) | 編集 |
2012-6
ペコロス(1) (ビッグガンガンコミックス)
シバ ユウスケ
幼馴染みで同じ高校のクラスメイトの女子二人。なんと彼女たちの家も地下で繋がっていて双方の両親は不在だが兄弟ぐるみでシェアハウスのような暮らしをしているという設定のほのぼのコメディ。家屋の設定はまんま出オチで正直冒頭以外はあまり活かされていないような気もするが、二つの家庭のこどもたちが共同生活をするという環境を活かしたエピソードはそれなりにあるからこれでいいのか。言い方はアレだが毒にも薬にもならぬタイプの作品。だがそれがいい。絵はかわいくほっこりするし、明るくほのぼのな雰囲気は好みだった。複数巻。★★★☆☆


妹のジンテーゼ 1 (ヤングジャンプコミックス)
十全 文博 紺野 比奈子
絵が今時の可愛く丸い親しみやすい絵柄なので美少女コメディものかと思ったら原作ありの論理を主題にした青春ものだった。ちょい変態が入った兄から論理的思考術をたたき込まれた女子が主人公。客観的出来事自体は青春コメディなのだがその切り口が主題らしい緻密さなのが特徴。絵は可愛いし読みやすいし興味をそそる内容ではあるのだが・・ごめん、頭悪いのでほんと話が入ってこないorz。初見のころは流し読みばかりだったせいもあるのだが。じっくり読める時間があるならコスパ最強、楽しめる内容かと。複数巻。


輻輳のマーグメルド 第1巻
さびし うろあき 柳瀬 敬之
異例の抜擢で総司令官に祭り上げられた青年の孤軍奮闘を描いた本格的スペースオペラ。緻密かつ王道なSF設定と作画デザインと戦闘描写、往年のSFファンにはたまらない作品だと感じる。ただこのジャンルになじみのない読み手にはちょっと敷居が高いかも。というのも初巻で話があまり進んでいないから。壮大な舞台設定から大河的に展開され巻数を重ねる作品を感じさせるので数巻はまとめて読みたいところだが今時のセールス的には厳しい構成かも?複数巻。


コハエース (カドカワデジタルコミックス)
TYPE-MOON
月姫などを手がけるタイプムーン公式ギャグコメディ、でいいのか?つか描き手もスタッフ?の一員なのか。ごめんよく知らなくて;タイプムーンの内情とかキャラクターたちのいろいろなネタをちりばめたギャグコメディ。タイプムーンについて知らない人間でも楽しめるかついろいろ知ることができるお得な内容だなと感じた。デフォルトなちびキャラはともかく片目という特徴には軽く衝撃を覚えた。巻数表記でなくシリーズ的な題名の付け方で続刊が出ている。複数巻。


ロンジコーン 1 (ヤングジャンプコミックス)
吉村 拓也
ある出会いから美容師をめざすことになった青年の話。主人公が美容師の世界を知り入る経緯はちょっと無理があるように感じるが主題はそこではないので。劇画系青年の職業漫画に見られる大仰な演出もあるがわりと地に足がついた要素も多い。ある時代の世相から煌びやかなイメージもある美容師業界の現実も描かれているのが印象的だった。絵は確かに既知の絵柄に似ているが読みやすく好感が持てる。複数巻。


人類は衰退しました ようせい、しますか? 1 (コミックアライブ)
吉祥 寺笑 田中 ロミオ
同名ラノベコミカライズ。アニメ視聴の後読了。人類の緩やかな衰退と共に台頭してきた新人類・妖精さんとの交流・研究を目的とした職についたヒロインのお話。おそらくはほぼ原作通りの内容だと思う。アニメ(とか原作小説挿絵)のデザインと同じだし絵柄も雰囲気も似ているので読みやすい内容。アニメでは時系列が逆回しだったのでわかりづらいところもこちらで解消できた。新人類のようせいさんたちはやっぱりかわええのう。ゆるい雰囲気と嫌悪まで至らぬ世知辛さの兼ね合いは見事。複数巻。


新装版 凍りの掌 シベリア抑留記 (KCデラックス BE LOVE)
おざわ ゆき
太平洋戦争中シベリアに抑留された経験を持つ著者の実父の話を元に描かれたシベリア抑留記。絵本に適した牧歌的な絵柄ゆえに若干マイルドになっているもののやはり内容は厳しく辛い。しかし目を背けてず歴史の事実であると受け止められ様々な思いが伝わる内容だった。身内にもシベリアを体験した人間がいたのだがそのことをあまり聞くことはなかったなあ。聞いとけばよかったかな。話したがらなかったかもしれないが。★★★★★


ガキ教室 1 (少年チャンピオン・コミックス)
小沢としお
最初に入った会社は倒産、ホストに転身するも借金を負わされた青年は、世話になったらしい女性が校長になった学校の教師として働くことになる。主人公は理由があるのか教免はあるが教師になりたくないのだが借金のこともあり条件付きで教師になったので当然やる気はない。そのゆるさと生来の気質で四角四面の教師よりも生徒の心をつかんでいくという展開のよう。あとまがりなりにも社会人の経験があるというのも要因かなあ。どうだろう。ある意味熱い教師ものともとれるがいい案配に力が抜けているのもあって読みやすい。にしても校長先生のフォルムがなんか歪な気がするんだけど気のせい?複数巻。


ゲート 1―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS)
竿尾 悟
同名小説コミカライズ。突如異世界に行き来できる扉が東京に出現し異世界の軍勢が押し寄せるが陸自がこれを撃退、さらに異世界側に赴くことが決まり、かの地への派遣が決まった主人公のオタクの青年自衛官と同僚たちの物語。ファンタジーの話ではあるのだろうが、政治・文化・生活面からも自衛隊活動面からもかなりガチというかリアリティのある骨太な内容。ゆえにけっこうエグい展開も続くのだが、ものすごく読み応えがある。しっかりした原作とうのもあろうが作画の描写の力も秀逸だと感じる。複数巻。★★★★☆


魔法少年の育て方(1) (角川コミックス・エース)
森 悠
魔法が存在し魔法が展開されると猫耳が出るというファンタジー世界観における魔法学校の男子生徒達の学園もの。デッサンはしっかりとした可愛い絵柄。魔法行使時のみ猫耳が生えるって設定は地味にツボ。座学は完璧だが魔法展開がさっぱりで耳が生えない特待生と、当人も知らない謎があるみたいな脳天気キャラの孤児のコンビを中心に個性豊かな面々による明るいファンタジー学園ものといったかんじ。どのキャラも馴染みやすく楽しく読めるのだが1巻の間に主格が変わりすぎて主題が定まっていない印象も。まあトリを飾る伏線以外は主題などないのかもしれないが。学園舞台はあの児童文学、ある擬人化漫画のキャラ設定をどことなく彷彿させる。複数巻。★★★★☆


かすみたなびく ラズウェル細木
2017年06月16日 (金) | 編集 |
かすみたなびく 1
ラズウェル細木
2012-6



酒のほそ道の主人公の彼女の女性ひとり酒にまつわる様々な出来事や出会いを描いたスピンオフシリーズ。
酒のほそ道はちらっとしか見たことがないので本編では主人公の女性がどのようなキャラなのかわからないまま読了。
年頃の成年女性のひとり酒を描いたグルメもの、でいいのかな。女性ひとり呑みの話は興味をそそったのだが、著者が男性だからなのか、正味リアルな女性のお酒事情なのか、ヒロインがたいへんにめんどくさいキャラとして描かれているように感じた。
グルメものといってもうまい酒と肴を出す店に出会って舌鼓、というシンプルな内容ではない。ヒロインはお酒自体を愛するのではなくお酒を通しての他者とのコミュニケーションも重要視するタイプっぽい。
自分に合いそうな店選びにおいての条件の多さ、客や店主など呑み屋で出会う男性の感想・・と酒と肴以外の呑むときの環境の注文が多すぎる。いや実際の所、確かに女性一人呑みならではの注意すべき点ではあるのだ、あるのだが・・どうにももやもやしてしまう。店主はいけすかないが料理が良くて評価が上がる、飲んべえ扱いにされたくはないが持ち上げられるのもいや、といった幅の狭い微妙なマイルールというか好みのライン。特定の女性が言いそうな、面倒くさい部分を如実に出しているところがひっかかる。
まあ読者層を慮ればこっちのほうがウケるのかな。

ニチブンコミックス 全2巻/ 日本文芸社
ジャンル:青年・グルメ / 好み度:★★★☆☆