読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WHITE NOTE PAD ヤマシタトモコ
2018年02月03日 (土) | 編集 |


17歳の少女と38歳の男性の心が入れ替わる。そして1年後二人は再会?する。
17歳の少女はある日目覚めると自分ではなくなっていた。つまり三十路男性と女子高生の心が入れ替わるところからはじまる。入れ替わりモノは多々あるが、こちらは双方面識がなく、年の差も大きい。しかもお互いが再会(初対面同士だけど自分の体とという意味では合ってる)したのは一年後という。著者らしいひねり。
男性側は大人の知恵と経験と現在の容姿をもってしてモデルとなり、女子側は社会未経験ゆえに記憶喪失扱いで無職となっていた。訳も分からずそれでも生きていかねばならない二人の各々の動向というか状況の描写が生々しいというかリアルというか。
入れ替わる前と後での知人や思い人との関係とか思うところとか、人生が全く変わることで失うことと生み出されていくことの展開が興味深い。よくできてるなあと。

ヤマシタトモコ
フィールコミックスFCswing  / 祥伝社
ジャンル:女性・ミステリ・ドラマ / 好み度:★★★☆☆
まりあ17 むんこ
2018年02月01日 (木) | 編集 |


通りすがりの人間が見惚れるほどの美少女だが、中身はおっさんの女子高生の日常4コマ漫画。
誰が見ても可憐で清楚な美少女の外見を持つ女子高生が主人公。だが当人はAMラジオを聴き通学途中の立ち食い蕎麦屋で朝食を摂り母を迎えに雀荘に行くとたまに代打ち、趣味はプロ野球に競馬に競艇という、中身はおっさんそのものという。ついでに力仕事は長けているが料理も勉強も今一つ。だが嫌みのないお嬢様口調なのでその点は見た目に沿っている。
このギャップが作品の肝の1つ。母は土木現場で働き女手一つで主人公を養っている漢前というか肝っ玉母ちゃんというかんじ。細身で美人なので主人公も母譲りなのだろう。ちなみに競馬好きも母の影響だろう。
見方によっては後ろ向きになりそうな家庭環境なのだが、親子は仲が良く、サバサバしていて親子というより相棒みたいなかんじっぽくて楽しそう、というところが良い。
まああれだ、ダメ人間なのは確かだが(笑)人間関係はおおむね円満だしほっこりするエピソードが多い。
女子高生モノをという担当のオーダーからできた話だが、担当はコレジャナイと一刀両断。そらそうだ(笑)のツッコミはみな思うところ。良い。おすすめ。

むんこ
まんがタイムコミックス / 芳文社
ジャンル:4コマ・コメディ / 好み度:★★★★★
ニヴァウァと斎藤 ながべ
2018年02月01日 (木) | 編集 |


地球の地下生活に生息する知的水棲生物のこどもが居候となった一人暮らし男性。二人の生活と交流を描いた日常ドタバタドラマ。
地球の地底に人類以外の知的水棲生物が存在する世界。SF的設定だが世界観は現代日本。
主人公であるボロアパートに一人暮らししている男性は、その水棲生物のこどもと半ば強引に同居することになる。まあホームステイな形態なんだけど親が怖くて男性に拒否権はなく渋々承諾するも、幼少ゆえの旺盛な好奇心に伴う、種族の違いもあってなのか規格外の行動に振り回されることしばしば。
厄介である一方で楽しさもある手探りの異文化コミュニケーション、といったところか。
ゆるいほのぼの系なノリを下敷きにそれなりにアグレッシブなエピソードが続くバランスの良い作品。逆を返せば若干凡庸でもあるのだが。絵は達者で雰囲気にあっていると思う。水棲生物のデザインも秀逸。

ながべ
アクションコミックス全3巻 / 双葉社
ジャンル:青年・コメディドラマ / 好み度:★★★☆☆
短文感想
2018年02月01日 (木) | 編集 |
2015-12
このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉 (Konomanga ga Sugoi!COMICS)
魔夜 峰央
東京周辺の関東の県のディスりがものすごい一冊。地方ネタブームから話題になった作品。著者の作品は好きだし単巻というのもあって買ってみたらどれも既読の話ばかりだった。打撃。まあディスりネタ以外の物語展開も面白いし、年月を経て再読すると新たな発見も多々あったけど。初見当初は関東の地理はあまりピンとこず、田舎が都会に馬鹿にされている雰囲気のみ読んでたっけ。パタリロ!でもロリコンエージェントがイジラれてたっけなあ。



2016/2
ぺたがーる 1 (MFC キューンシリーズ)
ひみつ
巨乳コンプレックスをちょっとこじらせた貧乳女子を主人公にした学園4コマ。ヒロインの、羨望と憎しみがないまぜになって毒舌気味になるが憎めないキャラ設定が絶妙。登場人物たちの極端なサイズ格差はもうお約束か。まあ中間キャラはネタにできにくいか・・。主題である胸の大きさ云々ネタのみならず学園ものらしい人間関係や学校生活の描写ネタも多く、バランスが良い。胸ネタだけでは枯渇するというのもあるだろうが、飽きが来る前に新キャラなり別の要素を持ってくるタイミングがうまいというか。キャラの作り方や動かし方も嫌みがなく素直にかわいいと感じる。このジャンルではけっこう楽しく読める作品だった。 複数巻。



2016-02
森のたくまさん 1 (マーガレットコミックス)
小村 あゆみ
持ち物などを選ぶにも機能性より見た目重視、異性に関してもルックスが最重要で理想が高いヒロイン。そんな彼女が父親の会社社長の息子に見初められお見合いをすることになる。スペックは申し分なく期待が高まるも、相手の体形はぽちゃ系で・・というはじまり。ヒロインには幼少期に遊んだ少年がおり、それが社長の息子、ということか。
紆余曲折はあれど付き合うことになり、彼氏改造計画か、理想をくずしてありのままで恋愛展開になるか、大筋の予想はできそうだがそれでも続きが知りたくなる構成と理起用はさすが。お坊ちゃまの癒し系というかほんわかな気質は心地よい。メリハリとコメディのノリが秀逸。複数巻。


天賀井さんは案外ふつう
2018年02月01日 (木) | 編集 |


かつて二人の化け物が住んでいたという伝説を持つ市を舞台にしたファンタジカルダークめミステリ。
転校生の天賀井さんは自己紹介で、親からアドバイスにあった、この土地にやってきた理由を話す。それはドン引く内容でクラスメイトから遠巻きにされてしまう。
その内容は、実兄がある殺人事件の容疑者とされ危険性があるので座敷牢にいるものの、犯人は別にいそうで兄の無実を晴らすため、関連があるとされるこの市で調査するためにやってきたという・・。そら引く。
それだけなら普通のミステリともいえるが舞台となる土地は二匹の化け物がいたという伝説がありしかもその二匹の遺体をばらしてご利益のある神体として市の一般家庭に保管されている。そしてその神体を管理するのがヒロインが転校してきた学校の部という意外過ぎる設定が明らかになる。
それ以外にも驚く設定がポンポン出てきておなか一杯。だがそれらが意外性だけでなく物語になじんでいるあたりはさすがと言おうか。
おとぎ話を下敷きにしたミステリ、ではなくおとぎ話はとっかかりで展開は別ベクトルに進めているあたりも興味深い内容となっている。
この原作者のミステリは根幹はきっちりミステリだけど遠すぎる組み合わせを突っ込んでくるから目が離せないんだよなあ。
ただ1巻ごとの話の進み具合がゆっくりめで、個人的には完結後にまとめて読み、結末を知ってから初めのほうから読み返したいタイプの話ではある。

原作:城平京  漫画:水野英多
ガンガンコミックス全4巻 / スクウェアエニックス
ジャンル:少年・ミステリ・SF /好み度:★★★★☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。