読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
赤橙(せきとう)
2017年11月05日 (日) | 編集 |


高校生探偵、のような立ち位置で警察に助言し事件を解決する男子。彼は金持ちの次男で幼少期より親しい同年代のメイドがいる。品行方正で聡明な彼だが当人にも知らないある特殊能力がある。そして主人公が逮捕に協力した連続殺人犯の脱走と主人公の屋敷で起った悲劇から唯一の大切なメイドの女子を守るため主人公は闇に転じる。
主人公が探偵役の単純な推理サスペンスものかと思ったが超能力的な要素も加わり、むしろ主人公自身が罪を犯す側になるオカルトクライムサスペンスになっていく。時系列が前後というか過去語りのト書きのモノローグで話を進めるので読みにくいかもしっれない。物語の視点が主人公に固定していないのも要因かな。
原作つきだから漫画にすると難解になるタイプなのかも。初見ではとっつきにくかったがじっくり読めば面白くなってくる。

原作:大部慧史 漫画:小川亮
少年マガジンコミックス全3巻 / 講談社
ジャンル:少年・クライムミステリ / 好み度:★★★★☆
魔王様ちょっとそれとって!!  春野友矢
2017年11月05日 (日) | 編集 |


「檻」に閉じ込められた伝説の魔王(女性)と魔法使い(勇者PTメンバー)ほかの素っ頓狂で割れ鍋に綴じ蓋な掛け合いを楽しむ作品。
冒頭は唐突に美少女が中二的必殺技を叫びながら胡散臭そうなイケメンと卓球をする場面から始まる。題名からもわかるがRPG的話なん伝だろうが・・・。蓋を開けてみると美少女は伝説の魔王で、閉鎖空間に封印された・・のはわかるがなぜか、勇者側の魔法使いも一緒に封印されてしまっているらしい。事後からはじまり世界観とちぐはぐな人物の行動、魔法使いにいいように言いくるめられるピエロ状態の魔王と、胡散臭い微笑に飄々とした雰囲気と欲に忠実なマイペースな魔法使いのやりとりが見所。
まあ後々キャラも増えますが、残念なキャラばかりという。
著者てぃーふらぐの人のようでなるほど、と思った。絵はシュッとしているというか萌え系だけどけっこうクールな絵柄というか。ジャンプ系ではあんま見られない絵柄と思うのは浅慮だろうか。
ばかばかしくも妙に高いテンションのやりとりを好む人には楽しめるお話。個人的にはてぃーふらぐと同じくアニメで見てみたい気がする。

春野友矢
ヤングジャンプコミックス / 集英社
ジャンル:青年・ファンタジー・コメディ / 好み度:★★★☆☆
短文感想
2017年11月04日 (土) | 編集 |
2013-12
放課後〇〇倶楽部 1巻 (ガムコミックスプラス)
みなづき ふたご
引っ越ししてきたスケボー好きの瑠衣は自分に一目惚れした舞に強引に迫られる。舞は瑠衣が好きなスケボーにも興味を示す、という流れでスケボー部が発足する流れ・・なのだが主題はスケボーだったんかいと思うほどにまだるっこしい構成。冒頭のブラフ?はちょっと面白かったが。百合に学園ラブコメに美少女萌えに本題のスケボー・・とラノベや漫画の萌えどころを欲張った結果主題がぼやけてしまっている。話が進めば整頓されていくかもしれないが初巻ではとっちらかった印象しかうけない。絵は巧いしキャラ描写も魅力なのに残念。複数巻。



2011-11
マロマロ(1) (RYU COMICS)
楽楽
大事な柄杓をうっかり落とした日本神話系の女神様は、外面は良いが腹黒な男子小学生に柄杓を拾われ、神の力を失ってしまうというドタバタコメディ。男子小学生のSというよりハラスメントな気質、女神がコスプレなどいろいろ大変な目にばかりあう受難系展開。作品の方向性として在るのは認めるが好みと真逆で読み進め辛かった・・。複数巻。



2012-04
ヒキツイッター
日涌 祐
ひきこもり対策企業の営業の女性と癖のありすぎる引きこもり男性たちとの対峙を描くブラックコメディ。営業の女性はあくまで営業で、依頼された家庭の実情をまとめ専門のカウンセラーにつなぐ役割なのだが、引きこもりの親たちに強引に促され、業務外ながら引きこもりたちと対話する羽目になる。当人は仕事と割り切り勤めている引きこもりの家すらマイナスオーラが漂っているようで近づきたくないくらいなのだ。嫌々やっているのにそれがかえって良き方向に進み引きこもりが改善(ある意味改悪)されていくというユーモアを楽しむ話。ヒロインの渋々な対応が思わぬ展開という構成は面白い。引きこもりたちの言動は捜索とはいえ正直、ドンびくけども;;複数巻。



2012-10
ガン×クローバー GUN×CLOVER(1) (ドラゴンコミックスエイジ)
D.P 山口 ミコト
警護が必要な要人の子供が大半、残りはランク分けされた傭兵が生徒という特殊な学校が舞台。そこに転校してきた特殊能力を持つという要警護の少女の護衛はランクなしの傭兵男子だった。学園傭兵アクションものといったところか。エンタメらしいキャラ設定とどんでん返しの設定の見せ方は興味深い。警護対象の女子が多重人格ゆえ一度に出てくるキャラが多すぎてちょっと戸惑うが長編仕様ならまあわかる。勢いはあるので細かいところは気になるが読み応えはある。アニメ化向きな話。複数巻。


お友達からはじめましょう。 他短文感想
2017年10月25日 (水) | 編集 |
2013-7
お友達からはじめましょう。: 1 (ZERO-SUMコミックス)
乙 ひより
高校に入学した主人公の女子は友達がほしいが引っ込み思案な性格な上、美人ゆえに悪目立ち?して同性にやっかまれ孤立してしまう。が、裏表のない気質の同級生と仲良くなる。そんなヒロインのエピソードと平行して、彼女の双子の弟の話も展開していく。状況は違えど姉弟による各々の友達作りを主題とした学園もののよう。めんどくさい話かなと思ったが、壁はあってもポジティブに進んでいく話で明るく楽しく読める内容だった。何度もいうが年を経ると前向きな話のほうがいいよなあ。★★★☆☆



2016-1
大家さん引退します。 主婦がアパート3棟+家2戸、12年めの決断! 大家さんシリーズ (本当にあった笑える話)
東條さち子
ローンで物件を購入してアパート経営のエッセイの続き。資金繰りやらリフォームやら店子のことやらトラブルエピソードしかない印象。業者の対応のひどさは地域によるものなのか単に運が悪いのか。前作を知らない人のための概略もあるが正直全体的に読みにくい構成。引退といいつつ売れた物件はすべてではなく、新天地?で再出発的な行動に。ここまでくると著作のネタのためにやってるのかと思ってしまう。案外海外のほうが水が合うかもしれないが・・。



2013-10
Re:まりな 1 (ジェッツコミックス)
原田重光 瀬口たかひろ
父が死に天涯孤独になった男子高校生の前に美人が現れるという青年系ラブコメ。彼女は未来の男子の嫁で、四十路で死を迎えつつある彼の未来を変えにきたらしい。とっかかりが王道すぎるなあと思ったが存外ドラマ性は強い。主人公にとっては未来の自分とはいえ今の自分に惚れての行動ではないという複雑な心情とか彼女側の事情とかけっこう読み応えがあった。



謎解きドリル 河添太一
2017年10月25日 (水) | 編集 |


ベクトル斜めな設定と切り口で描く素っ頓狂で正統な女子高生探偵コメディ。
主人公は女子高生、なのだが女子高生探偵という肩書きに固執するあまり3度目の高校三年生を迎える19歳。唐突に遭遇する事件に首を突っ込む様式美はよしとして、当人はかなりのおっちょこちょいで自己顕示欲が高く精神年齢が子供というかおつむがちょいゆるめ。実際の推理は助手の役どころの別の女子高生が的確に進めるというグダグダな展開。
ヒロインと助手の関係も微妙なところが印象深い。助手のヒロインに対する扱いはぞんざいというか、言葉は丁寧だけどけっこうディスっているというか。かといってヒロインを毛嫌いしているわけでもない・・この関係をどういうんだっけか。ブラックジョークのような人物同士のやりとりに推理・探偵もののいい意味でふざけたパロディを加えた内容。ヒロインの自由な発言ぷりも特徴か。個人的にはイラっとくることもあるけど味もあるのも確かで(笑)個性が強いキャラに目がいくが推理要素は、突っ込みを入れたくなるようなザルな事件のようでミステリとしてはわりと巧く作られている印象。

河添太一
ガンガンコミックスONLINE全3巻 / スクウェアエニックス
ジャンル:少年・ミステリコメディ / 好み度:★★★★☆