読んだ漫画の適当感想ブログ。現在2011年~2016年発行タイトル対象。
2010年以前発行分の感想は本舎の漫画感想に、2017年以降分は漫画感想2017~にあります。
共学高校のゲンジツ
2017年09月20日 (水) | 編集 |


共学の高校を舞台にした、ドラマが起こりそうで起こらないごくごくリアリティある凡庸な日常の一コマを描いた学園コメディ。
学園もの、なのだが劇的なドラマがあるわけでないわりとあるあるな出来事を、ショートショート並の短さでもって漫画的に魅せる構成で描いている。
期待値が大きいイベントが起こり・・そうで収束するってかんじの残念なエピソードにどことなく脱力感を覚えてしまうがそこが面白いお話。突き抜けたキャラを作らずファンタジーなご都合主義もない。そこかしこにフラグが立ちまくっているのに合致しないもどかしさ。客観的な視点の読み手にまどろっこしさを与える構成、現実はつまらない、に面白みを感じさせる構成が良い。
こういうタイプの話は実に好みなのだが感想書くの難しい;とにかく読んでみようよと言うしかないw

原作:さぬいゆう 漫画:伊丹澄一
ビッグコミックススペシャル / 小学館
ジャンル:青年・学園・コメディ / 好み度:★★★★★
虹野さん家のホワイトスワン 介錯
2017年09月20日 (水) | 編集 |


母親から継ぎ正義のプリンセスとなったヒロインは、両親の再婚相手の息子達5人と同居することに。実はその息子達はヒロインが敵対する悪の組織のメンバーだった。互いが敵同士と知らずに今日も正体を知られないよう彼女たちの戦いと日常は続く。

乙女ゲーム・特撮・魔法少女系お約束とパロディと様式美をふんだんにちりばめた正義の味方VS悪の組織コメディ。
ヒロインは表の顔は普通の女子だが、実はご近所を護る正義のプリンセス。実は少し前まで母親がその役を担っていたが再婚相手との子供が出来てその役を娘のヒロインに譲り、正式に再婚した相手とハネムーンへ。残されたヒロインは、母の再婚相手の連れ子の息子5人と同居することになる、というはじまり。
息子達は個性豊かなイケメンたちばかりで、ヒロインに好意的だし彼らとの日常生活は順風。だが正義の味方であるヒロインはその正体がバレないように気を遣い、かつやってくる悪の幹部達をやっつける毎日。だが実はその悪の幹部達は件の兄弟たちだったというオチ。
同じ屋根の下で敵同士が互いにそれを知らず生活しているという、戦闘モードオンオフでの互いの行動のギャップを楽しむ話。この設定を作るための前フリは雑を言わざるを得ないがそれを含めてのあたまわるい・・もといB級アクションコメディとして楽しめる。著者の話運びはシリアスだと好みではないがここまで突き抜けた様式美のコメディだと逆にいい味が出ているように思う。

介錯
角川コミックスエース2巻 / 角川書店
ジャンル:青年・コメディ / 好み度:★★★☆☆
めがもの 永井道紀
2017年09月20日 (水) | 編集 |


目力が強すぎて誤解を受けやすいが本当は心根の優しい女子を中心にした学園コメディ4コマ。
見た目(というか眼力)と内面のギャップが激しいヒロインの話。誤解ばかりで難儀な主人公の話かと思いきや冒頭からすでにヒロインの内面をよく知る親しい友人がおり、ぼっち要素はない学園コメディとなっている。
目力設定は突き抜けた個性という位置にとどまり、さらにヒロインは文武両道な出来た女子という設定も出てきてるしで、安心感があるというかほのぼのな内容に仕上がっているところが実に好みだった。
ヒロイン周辺のキャラもほんわかする個性がついており、突き抜けてはいないのになんとはなしに楽しめるいいバランスの内容だった。

永井道紀
バンブーコミックス 4コマセレクション / 竹書房
ジャンル:4コマ・学園 / 好み度:★★★☆☆
タイガー&バニーちゃん
2017年09月20日 (水) | 編集 |


サンライズ制作のサイキックシティバトルアクションアニメ・タイガー&バニーのコミカライズ4コマ漫画。
原作の設定での気軽なパロディ単発ネタと、原作準拠でオリジナル展開のシリアスな継続エピソードを織り交ぜた内容。
原作アニメも大好きなのだが、こちらのタイトルはむしろ著者買い。久々に見る著者の作品だったのでそちらの意義が大きかった。
パロディは定番ながらミニキャラの造形もライトなノリも好みで楽しかった。パロディものとしてはかなり面白かった。
ただ、シリアスの方のエピソードが続き物なのに、単発パロディの合間に挟まれている構成が個人的にいまいち。
シリアスエピソードの続きが気になって単発パロディを楽しみづらかったという。すぐ慣れたけど。
前半はパロディばかり、後半にシリアス続き物エピソードにしてくれたら良かったのになあとは思う。

原作:サンライズ 漫画:白石琴似
角川コミックスエース全2巻 / 角川書店
ジャンル:4コマ・パロディ / 好み度:★★★★☆
いつかティファニーで朝食を マキヒロチ
2017年09月20日 (水) | 編集 |


アラサー女性は、7年付き合った編集者の恋人と別れ、充実した朝食をとるという自分のやりたかったライフスタイルを満喫することを決める。
ヒロインは28歳のアパレル企業に勤める女性。編集者の恋人と7年同棲していたが、生活習慣もろもろを含めて相手に幻滅し、別れを経て、心機一転したヒロインは充実した朝食をとる生活を営むというはじまり。
朝食を生活の潤いとするいわゆる朝活を主体とした話で、ヒロイン達が利用する店は実在するお店ばかり。
とはいえ、ヒロインの仕事や恋愛の様々なエピソードと描きつつ、ヒロインの友人達各々生活環境や思うところに焦点を当てたエピソードもあり、ヒロインを含めて東京に住むごく普通の成人女性の日常を描いたドラマのよう。
内容は往年のTVドラマの文法に近く、ドラマ化すると映える内容といえる。
成人の恋愛ドラマはめんどくさくて好みではないジャンルだが、朝飯グルメを軸にしているのと話の動きがそれなりに速いので読みやすいところが好み。

マキヒロチ
バンチコミックス / 新潮社
ジャンル:青年・グルメ・ドラマ / 好み度:★★★☆☆